Icon search 36px

ゴムの臭いの原因は?

ゴム臭の原因は①原料が原因

ゴムの臭いの原因1つ目は、ゴムの材料です。天然ゴムがゴムの独特な臭いの原因となっているようです。ゴムは、主に天然ゴムと合成ゴムの2種類があります。

天然ゴムは、ゴムの木から採取できる樹液など天然の素材によって作られています。合成ゴムに関しては、天然ゴムだけでなく石油やプラスチックと合成して作っています。どちらも天然ゴムを使っているので臭いがするということは変わりがないでしょう。ただ、天然ゴムの配合量が少ない合成ゴムの方が臭いにくいそうです。

ゴム臭の原因は②製造方法が原因

ゴムの臭いの原因2つ目は、製造方法です。製造により、ゴム製品に含まれる成分物質が気化してしまうことによりゴムの臭いが強くなってしまうそうです。ただ、ゴムの成分が空気中に気化することを防げば臭いもなくなるので対策方法もあるでしょう。

ゴムの臭いの原因にいついて紹介をしました。ゴムの臭い以外の不快な臭いの消し方についても気になる方は、下記の記事を参考にしてみてください。

関連記事

ゴミ箱の臭い消しの方法は?臭い取りにおすすめの消臭剤&脱臭剤20選

ゴミ箱の臭い消しにおすすめのアイテムを紹介していきます。消臭剤や脱臭剤

Small thub shutterstock 639915670

【水筒編】ゴムの臭い消し|消臭方法は?

【水筒編】ゴムの臭い消し①重曹を利用して消す

水筒のゴムの臭い消し1つ目は、重曹を利用するということです。重曹は、殺菌作用や消臭作用があるのでゴムの臭い消しにも効果があります。60℃程度の温度のお湯を水筒に入れて重曹を小さじ1杯ほど入れた後にふってください。臭いが強い場合は、数時間程度だけでなく1晩浸けておきましょう。

ただ、水筒がステンレスで作られている場合はさびてしまう恐れがあるので長時間浸けないようにしましょう。重曹にお酢を加えると発砲して洗浄効果も上がります。なので、汚れがひどいときはお酢を加えてみてください。どちらも食品として使うこともあるので体にも優しいですよ。

【水筒編】ゴムの臭い消し②漂白剤を利用して消す

水筒のゴムの臭い消し2つ目は、漂白剤を利用するということです。漂白剤は、漂白や殺菌をするだけでなくゴムの臭いを取ることにも効果を発揮します。ただ、重曹より強い薬剤なので扱いに気を付けてください。間違って飲んでしまうことがないようにしてください。漂白剤は、水で薄めたものを水筒に注いでください。

重曹と違い強い薬剤なので、浸ける時間は30分程度に留めておきましょう。漂白をした後は、キレイに洗うようにしてくださいね。すっきり臭いが取れるはずです。

【水筒編】ゴムの臭い消し③臭い対策の方法

水筒のゴムの臭い消し3つ目は、臭いが再びつかないようにする方法です。ゴムは、独特の臭いがするだけでなく、新たに臭いを付けてしまうことも多い素材です。なので、水筒のゴムに臭いが付かない方法はよく乾燥をさせるということですよ。

水筒のゴムの臭い消しについて紹介をしました。ゴムの臭い以外の不快な臭いの消し方についても気になる方は、下記の記事を参考にしてみてください。

関連記事

餃子のニンニク・ニラの臭い消し方法5選|翌日に持ち越さない口臭対策も

餃子には、ニンニク・ニラが入っているため、食べると口臭などの臭いがでま

Small thub shutterstock 323107886

【長靴編】ゴムの臭い消し|消臭方法は?

【長靴編】ゴムの臭い消し①天日干しをして消す

長靴のゴムの臭い消し1つ目は、天日干しです。ゴムの臭い消しには天日干しも効果があります。ゴムが空気中に気化するときの臭いが独特のゴムの臭いの原因であれば、天日干しを行ったりしてしばらく放置をすると臭いが取れるでしょう。今すぐ臭いを取り除きたいというときには不向きかもしれません。

また、天候が良くないときにも使いにくい方法ですよね。ゴムの独特な臭いだけでなく、履き続けて臭くなった長靴にも効果がある方法ですよ。

【長靴編】ゴムの臭い消し②アルコールで消臭をして消す

長靴のゴムの臭い消し2つ目は、アルコールで消臭をすることです。ゴム製品専用のアルコール除菌スプレーの方がおすすめですが、普通の除菌スプレーでも効果を発揮します。長靴にアルコールスプレーをかけた後に5分程度置いておきましょう。その後に乾いた布で拭き取ってアルコール成分が長靴に残らないようにします。

【長靴編】ゴムの臭い消し③重曹を使って消す

長靴のゴムの臭い消し3つ目は、重曹を使うことです。重曹は、消臭効果があるので長靴のゴム臭にも有効です。お湯に溶かした重曹で長靴を洗うと臭いが取れるようになりますよ。洗った後は、水気を拭きとって乾かすようにすれば完了です。天日干しを最後に行っておきましょう。

臭いだけでなく、汚れも気になるときは素を加えた重曹水で洗い流すことにしてください。重曹は、洗浄力がある割には食品として使われる物質なので体にも優しいでしょう。

【フロアマット編】ゴムの臭い消し|消臭方法は?

【フロアマット編】ゴムの臭い消し①漂白剤を使って消す

フロアマットのゴムの臭い消し1つ目は、漂白剤を使うということです。キッチンハイターを使ってフロアマットを洗ってみてください。原液であると濃すぎるので薄めたキッチンハイターをフロアマットに塗ってから新聞紙を上に敷いて1時間程度放置します。その後、キレイに洗い流せば臭いは取れていますよ。

最後に天日干しなどをすることで乾かすようにしましょう。キッチンハイターを薄めなければマットが白くなってしまうので注意してください。重曹と違い、体に良い天然素材でなく薬品なので扱いにも気を付けるようにしてくださいね。

【フロアマット編】ゴムの臭い消し②天日干しをして消す

フロアマットのゴムの臭い消し2つ目は、天日干しをするということです。他のアイテムと同じように天日干しをすれば、ゴムの臭いは徐々に取れていきますよ。ゴム臭は、何もしなくても時間と共に確実に減っていきますよ。放置しておくより天日干しの方が早く効果が出るでしょう。

ただ、一瞬でゴム臭を取り除くことができるという性質のものでないので注意してください。根気が必要な方法ですがお金も要らないので手軽です。

【フロアマット編】ゴムの臭い消し③キッチン洗剤を使って消す

フロアマットのゴムの臭い消し3つ目は、キッチン用洗剤を使うことです。キッチンで使う食器用洗剤もフロアマットのゴム臭を消すことができます。キッチン用の洗剤で洗うと表面の溶剤の臭いを取ることができますよ。最後は、ほかのアイテムと同じようにきちんと水気を取り除いてくださいね。

キッチン用洗剤でお手入れをすることは、ゴム臭を取り除く以外にも効果があります。ゴム臭以外の臭いや使用時間が長くなるにつれて付いた汚れを落とすこともできます。汚れたときにも役立つアイテムとして思い出しましょう。

【フロアマット編】ゴムの臭い消し④重曹を使って消す

フロアマットのゴムの臭い消し4つ目は、重曹を使うということです。重曹は、ほかのアイテムのゴム臭を消すためにも使いましたよね。今回も使うことができます。消臭効果もあるので買ったばかりのゴム臭だけでなく、使って染みついた臭いも取ることができるのでおすすめですよ。

重曹を60℃程度の温度のお湯に溶かして洗ってみましょう。汚れがひどい場合は、酢を加えてみましょう。汚れを浮かしてくれる効果がありますよ。重曹も酢もスーパーや100均で手に入る上に体にも良いので使ってみましょう。ほかの薬剤よりは扱いやすいと思います。お子様が使うものへも安心して使えるでしょう。

【ゴム手袋編】ゴムの臭い消し|消臭方法は?

【ゴム手袋編】ゴムの臭い消し①重曹を使って消す

ゴム手袋のゴムの臭い消し1つ目は、重曹を使うことです。ゴム手袋も重曹を使うことによって臭いを消すことができます。独特の臭いがするのでゴム臭はすぐに消したいですよね。ゴム手袋をお湯に溶かした重曹に浸けてみましょう。しばらく浸け込むと臭いはすっきりと消すことができますよ。

重曹もゴム手袋も100均で購入をすることができるので合わせて購入をするようにしましょう。重曹は、使い勝手が良いのでほかの用途にも使うことができますよ。

【ゴム手袋編】ゴムの臭い消し②天日干しをして消す

ゴム手袋のゴムの臭い消し2つ目は、天日干しです。ゴム手袋のゴム臭も天日干しをすることによって臭いを取ることが可能です。でも、ゴム手袋を使いたいときはすぐに使いたいと思うことが多いですよね。なので、天日干しを行ってからゴム手袋を使うというのは向いていない方法かもしれません。

ただ、天日干しは手間はかかりますがお金は必要ありませんよね。なので、あらかじめゴム手袋を購入しておいて天日干しをしておいても良いでしょう。ただ、あまり日光にさらし続けるとゴムは劣化してしまうので適度にしておくようにしてください。

【ゴム手袋編】ゴムの臭い消し③漂白剤を使って消す

ゴム手袋のゴムの臭い消し3つ目は、漂白剤を使うということです。ゴム手袋は、漂白剤などの刺激が強い薬品などを扱うときに使うアイテムですよね。なので、事前に刺激が強い薬品で臭いを消すことは向いていないかもしれません。でも、漂白剤に着けることは効果があるので試してみましょう。

薄めた漂白剤にゴム手袋を浸けてください。最後にキレイさっぱり洗い流せば臭い消すことができますよ。漂白剤はあまり体に良いと言えない薬剤なのできちんと洗い流してください。乾かせば完了です。

【スニーカー編】ゴムの臭い消し|消臭方法は?

【スニーカー編】ゴムの臭い消し①消臭剤を使って消す

スニーカーのゴムの臭い消し1つ目は、消臭剤を使うということです。靴の消臭剤は、足の臭いだけでなくゴム臭を消すことにも効果があります。足の臭いも解消してくれるので使っておいて損はないです。良い匂いがするスプレーなどもあるので積極的に使うようにしましょう。臭いが取れるまで繰り返し使ってみましょう。

【スニーカー編】ゴムの臭い消し②重曹を使って消す

スニーカーのゴムの臭い消し2つ目は、重曹を使うということです。ほかのアイテムと同じようにお湯に溶かした重曹で靴を洗っても臭いを消すことはできます。でも、靴の場合は、重曹とアロマを茶こし袋に詰めて良い匂いの消臭袋として靴に詰めておくこともできるでしょう。良い匂いのアロマを使うと気分も上がりますよね。

【スニーカー編】ゴムの臭い消し③天日干しをして消す

スニーカーのゴムの臭い消し3つ目は、天日干しをすることです。靴は、ゴム臭以外にも天日干しをすることがおすすめです。他のアイテムと同じで天日干しをすれば徐々にゴム臭も消すことができるでしょう。また、足の臭いにも効果があるのでこまめに天日干しをするようにしておきましょう。

【スニーカー編】ゴムの臭い消し④備長炭を使って消す

スニーカーのゴムの臭い消し4つ目は、備長炭を使うということです。備長炭は、靴だけでなく色々な臭い消しに効果があると言われていますよね。なので、ゴム臭を消すことにも備長炭を使ってみましょう。靴の中に入れてみても良い上に、靴を収納する靴箱に入れてみても良いでしょう。

足の臭いを消すためにも使うことができるのでゴム臭を消した後でも使ってみるようにしましょう。意外と便利なものなので持っていて損はないアイテムです。

【お弁当箱編】ゴムの臭い消し|消臭方法は?

【お弁当箱編】ゴムの匂い消し①乾かして消す

スニーカーのゴムの匂い消し1つ目は、乾かしておくことです。お弁当箱は、食品を詰めるものなので体に良くないものは使いたくないですよね。なので、放置をしておくという方法も最適です。時間によってゴム臭は、少なくなっていきます。手っ取り早く消す方法ではありませんが、自然な方法であると言えるでしょう。

【お弁当箱編】ゴムの匂い消し②重曹で洗って消す

スニーカーのゴムの匂い消し2つ目は、重曹で洗うということです。重曹は、食品にも使うことができるアイテムなのでお弁当箱の臭い消しにも安心して使うことができます。お湯に溶かした重曹で洗ってみましょう。それでも臭いがひどいのであれば、お酢を加えて少し放置してから洗い流すようにしてください。

【お弁当箱編】ゴムの匂い消し③食器洗剤で洗って消す

スニーカーのゴムの匂い消し3つ目は、食器洗剤で洗うということです。食器洗剤は、食器を洗うためのアイテムなので便利でしょう。なので、安心して使ってください。食器洗剤を使って繰り返し洗うことによってゴム臭は消すことができます。

ゴム製品の臭いを消してみよう

掃除

ゴム製品別の臭い消しについて紹介しました。ゴムの独特の臭いは気になりますよね。その臭いを消す方法を水筒や長靴などの製品別に紹介しているので参考にしてみてください。ゴムの臭いを消臭して良い匂いがした方が良いですよね。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事

RANKING

人気の記事

CATEGORY

カテゴリー