Icon search 36px

「日和」という名前のイメージは?

「日和」という名前のイメージ①暖かいイメージ

暖かい

「日和」という名前のイメージは、まずは「暖かい」という印象です。「日和」という漢字から思い浮かべるのは、「小春日和」、「洗濯日和」、「行楽日和」といった天気の単語でしょう。そして暖かく天気の良いイメージが目に浮かびます。「日和」という名前は、暖かい日差しのような、優しい雰囲気を感じる名前です。

「日和」という名前のイメージ②古風なイメージ

古風

「日和」という名前のイメージは、どことなく「古風」でもあります。「〇〇日和」という単語の一部になっているように、昔からある日本語に使用されている響きがそう感じさせます。カタカナが似合うような音の名前とは対照的に感じます。「日」、「和」という漢字も日本を表している漢字で、古風な印象を与えます。

「日和」の名前の漢字の意味は?

「日和」の名前の漢字の意味①暖かく温和な天気

天気

「日和」の名前の漢字の意味1つ目は、天気を表すことばです。「日和」という言葉の意味は、「〇〇日和ですね」と使用する場合には、「天候」、「空模様」を表します。「小春日和」のように使用すると、「良い天気」、「晴天」という意味になります。「洗濯日和」のように使用すると、それに適した天候という意味です。

特に「小春日和」という単語では、寒い秋から冬にかけて現れる「暖かな温和な天気」を指します。「日和」という名前を子供につける場合は、「暖かく」、「温和に」、「明るく」といった意味合いをこめて名付けられます。

「日和」の名前の漢字の意味②明るい太陽のように

明るい

「日和」の名前の漢字の意味2つ目は、明るい太陽です。「日」という漢字は、元々は太陽の形から出来た漢字です。そのため、子供の名前に使用される場合は、「明るく」、「太陽のように周りを暖かく照らしてほしい」、「朝日のように高く昇ってほしい」といった意味合いが込められています。

「日和」の名前の漢字の意味③優しく思いやりのある心

やさしさ

「日和」の名前の漢字の意味3つ目は、優しく思いやりのある心です。日和に使用される「和」という漢字は、「争いごとがない」、「ゆったりとして角が立たない」、「性質の違うものが1つに」という意味があります。

「平和」、「調和」という単語があるように、名前につけられた意味は「優しく思いやりのある心」、「周りの人との和を大切に」となります。

「日和」以外の「ひより」の漢字10選

「日和」以外の「ひより」の漢字①明るい子供「陽世里」

赤ちゃん1

「日和」以外の「ひより」の漢字1つ目は「陽世里」です。「陽」という漢字もまた太陽を表す漢字ですので、明るいイメージがあり、女の子の名づけ漢字でも上位にランクインしています。また、「積極的な生きいきとした」という意味もあります。「世」は「自分で時代を作り上げる」、「次の世代につなげる」との意味です。

「里」は「落ち着いた」、「人の集まる」という意味を持ちます。「陽世里」は、積極的に明るく、人とのつながりや集まる部分を大切にしてほしい、という名前になります。

「陽」を使用した「ひより」は、他にも「陽愛」、「陽由」、「陽空」、「陽緑」などがあります。「空」、「緑」は自然をイメージする漢字で、「陽」と合わせると統一性もあり、さらに晴れやかな印象を与えます。

「日和」以外の「ひより」の漢字②優しいあかり「灯与梨」

灯

「日和」以外の「ひより」の漢字おすすめ2つ目は、「灯与梨」です。「灯」という漢字はろうそくに灯る灯からできた漢字です。暗いところでもポッと明るい光の様子が想像されますね。「優しく」、「明るく」、「周りを照らすような」といった意味合いで使用されます。

「与」は「与える」という意味から「優しさ」、「思いやり」という名付け漢字です。「梨」は果物の「梨」のように歯切れがよい様子、またかわいいイメージのある漢字です。「灯与梨」は優しく思いやりのある可愛い名前になります。

    「灯」を使用した「ひより」

  • 灯与梨
  • 灯寄
  • 灯和

「日和」以外の「ひより」の漢字③明るく愛されるかわいい「燈愛」

愛

「日和」以外の「ひより」の漢字のおすすめ3つ目は、「燈愛」です。おなじく「あかり」、「ともしび」を意味する「燈」の漢字に、「愛」を重ねました。やさしさや思いやりを与える、また、周囲のみんなに「愛される」という意味を持つ「愛」です。

「愛」という漢字が入ることで、女の子らしくかわいい印象になります。「燈愛」はみんなに愛される明るい女の子になってほしいという意味の名前になります。

    「燈」を使用した「ひより」

  • 燈愛
  • 燈由
  • 燈与理

「日和」以外の「ひより」の漢字④優美で芯のある子供「妃凛」

妃

「日和」以外の「ひより」の漢字のおすすめ4つ目は、「妃凛」です。王族の妻をあらわす「妃」という漢字は気品があり、優美な女性になってほしいとの思いが込められます。それに「凛」を合わせることで、凛とした芯のある素敵な女性に育ってほしい気持ちがわかる名前です。

「妃」の漢字に、「美」、「麗」といった漢字を組み合わせるとさらに優美な印象が強まります。その他の「妃」を使用した「ひより」はこちらです。

    「妃」を使用した「ひより」

  • 妃凛
  • 妃愛
  • 妃美麗
  • 妃葉里

「日和」以外の「ひより」の漢字⑤愛らしさと利発さ「姫由利」

姫

「日和」以外の「ひより」の漢字でおすすめ5つ目は、「姫由利」です。「姫」という漢字は上品さと愛らしさを表します。「由」を名前に使用すると「人の手本になる」、「論理的に考える」といった意味合いになります。「利」という漢字は、「かしこさ」、「利発さ」を表します。

「姫由利」という名前は、かわいいだけではなく利発でみんなのお手本になるような素敵な女性になってほしいという由来の名前です。

    「姫」を使用した「ひより」

  • 姫由利
  • 姫愛
  • 姫凛

「日和」以外の「ひより」の漢字⑥しっかりとした癒し「柊夜莉」

柊

「日和」以外の「ひより」の漢字6つ目は、「柊夜莉」です。「柊」という植物の花言葉は「しっかりとした」、「先見の明」です。白い小花が咲き、イメージは冬の植物の「柊」ですので、冬生まれの女の子にぴったりの漢字でもあります。「莉」という漢字もジャスミンの一種を表す漢字で、癒しのイメージが持たれます。

「夜」という漢字は静かで幻想的なイメージです。このように植物の漢字を重ねて花言葉を名前の由来にする名づけ方もおすすめです。「柊夜莉」は、落ち着いたしっかり者で、周囲をいやす存在といった名前です。

    「柊」を使った「ひより」

  • 柊夜莉
  • 柊代里
  • 柊世李

「日和」以外の「ひより」の漢字⑦情熱的なリーダー「緋頼」

緋色

「日和」以外の「ひより」の漢字おすすめ7つ目は、「緋頼」です。「緋」は鮮やかな赤色を意味し、情熱的な、華やかなイメージです。「頼」は「頼る」の漢字であり、「周囲から頼られる」、「リーダーシップをとる」といった名付け由来があります。

「緋頼」は、華やかで、リーダーシップを持った、誰からも頼られる存在の子供に育ってほしいという由来を持った名前になります。

    「緋」を使った「ひより」

  • 緋頼
  • 緋和
  • 緋寄

「日和」以外の「ひより」の漢字⑧温和で頼れる「枇依」

果物

「日和」以外の「ひより」の漢字おすすめ8つ目は「枇依」です。「枇」は「枇杷」のことであり、花言葉は「温和な」です。花は目立たないながらも良い香りがする花です。控えめながらも温和で暖かい女の子になってほしいとの願いを感じます。

「依」は「よりどころ」、「頼りにする」といった意味合いの漢字であることから「頼りにされるひとに」、「人の輪を大切にする人に」という由来の名前に使われます。「枇依」は温和で頼りにされる子どもになりますように、という願いを込めて名付けできます。

    「枇」を使用した「ひより」

  • 枇依
  • 枇愛
  • 枇和

「日和」以外の「ひより」の漢字⑨何事にもくじけない「桧縁」

檜

「日和」以外の「ひより」の漢字でおすすめ9つ目は、「桧由」です。「桧」の漢字は、檜を表す漢字です。檜は良い香りがし、建材として丈夫で重宝されることから、「何事にもくじけない強さ」という名前の漢字になります。

「縁」という漢字は「人とひとのつながり」を意味します。「桧縁」は、何事にもくじけない強さと、人とのかかわりを大切にするといった由来を持つ名前です。

    「桧」を使った「ひより」

  • 桧縁
  • 桧由
  • 桧依

「日和」以外の「ひより」の漢字⑩包容力があり上品な「日容璃」

瑠璃

「日和」以外の「ひより」の漢字でおすすめ10個目は、「日容璃」です。「璃」という漢字は水晶体や宝石を表し、「瑠璃」にも使用されています。名付けに使用すると、「華やかで透明感のある」、「上品な子供に育ってほしい」という願いと、「宝石のように大切な我が子」という思いが込められます。

「容」という漢字は「受け入れる」という意味から、「優しさ」、「思いやり」を表します。「日容璃」という名前からは、包容力があり、美しい様が思い浮かびます。このように宝石をイメージした漢字を使用すると気品のある名前になり素敵です。

    「璃」を使用した「ひより」

  • 日容璃
  • 妃代璃

「ひより」という名前の漢字はとても幅広くあり、意味合いもまた異なっていましたね。「ひより」という漢字はまだまだあります。こちらの記事の参考にしてください。

関連記事

女の子の名前で「ひより」と読む漢字TOP110|漢字の由来・意味も

女の子の名前で「ひより」と読む漢字をご紹介しています。またそれぞれの漢

Small thub shutterstock 285328907

素敵で上品な名前をつけるコツは?

素敵で上品な名付けのコツ①古風な名前の響きからイメージする

名前の響き

素敵で上品な名前をつけるコツ1つ目は、古風な名前の響きからイメージすることです。和風であったり古風な名前は上品で清楚な印象があります。まずは音の響きから名前の候補をあげていきます。「しの」、「ことね」、「わか」などは古風なイメージがしますね。まずは思いつくままにたくさん並べてみましょう。

素敵で上品な名付けのコツ②季節や花などからイメージする

花

素敵で上品な名前をつけるコツの2つ目は、季節や花などの自然からイメージすることです。子どもの生まれ月や季節、夫婦の出会いの季節を名前に使用できるか考えてみましょう。例えば、「さくら」、「柊」、「さつき」、「雪」などです。

両親の好きな花や花言葉、イメージする自然があればそれもたくさん書き出します。「空」、「晴」、「向日葵」、「かすみ」などです。女の子にはかわいい花の名前から名付するのが人気です。花の名前や花言葉が掲載されているこちらの記事も参照ください。

関連記事

女の子のかわいい花の名前35選|花言葉から考える名付けや花の漢字の名も

女の子のかわいい花の名前をご紹介します。花言葉から名付ける名前、漢字の

Small thub shutterstock 147978782

素敵で上品な名付けのコツ③漢字の意味から考える

赤ちゃん

素敵で上品な名前をつけるコツ3つ目は、漢字の意味から考えることです。前述したように、漢字にはそれぞれ成り立ちがあり名づけに込める意味も様々です。素敵で上品な、古風なイメージの漢字を挙げてみましょう。ひよりに使用された「妃」や「璃」など上品な印象がある漢字です。

こどもに込めたい思いがあれば、そういった意味を持つ漢字を探してみましょう。音に合わせて漢字を探して名前を決めても、漢字を決めてそれに響きを合わせてもどちらでも構いません。

名付けは子供への初めての贈り物

子供の名付けは、親から贈られる初めてのプレゼントです。短い名前の中にも、複数の意味があったり名前に込められた思いがあったのですね。一生使うことになる名前です。考え過ぎということはありません。これまで紹介した名前や漢字、方法をぜひ参考にしてかわいい子供の名付けに役立ててください!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード

NEW

新着記事

RANKING

人気の記事

CATEGORY

カテゴリー