Icon search 36px

もちもち肌の作り方|顔の肌がもちもちになるには?

もちもち肌の作り方①顔がもちもちになるには潤いが大切!

もちもち肌の作り方1つ目は、顔がもちもちになるには潤いが大切であるということです。赤ちゃんがもちもち肌である理由は、なんといっても水分の保水量が桁違いであることです。そのため、大人もそれにならって水分がたっぷりと保持できる環境を作ることが、もちもち肌の作り方の第一歩です。

カサカサしている肌がもちもちしているなんてこと、まずあり得ないことです。特に顔は外気にさらされやすいことから、水分も放出されやすい場所でもあります。しっかり水分の放出を防げるよう、こまめに潤いを与えることと、水分放出がしづらいよう保護膜を作ってあげましょう!

もちもち肌の作り方②顔がもちもちになるには皮膚を支える筋肉も大切!

もちもち肌の作り方2つ目は、顔がもちもちになるには皮膚を支える筋肉も大切であるということです。皮膚の下には筋肉が存在します。顔に特化して言うと、表情筋という筋肉が、顔全体の皮膚を支えています。この表情筋が衰えると、たるみがちでもちもちとは疎遠な状態になってしまいます。

皆さんもよく耳にするアンチエイジングは、肌だけに行うべきことではありません。その土台となる筋肉もまた、アンチエイジングすることが大切なのです。普段から運動をしたり、マッサージをすることもまた、アンチエイジングなのです。

では顔の土台の作り方とはどういったものかというと、適度なマッサージや情筋を鍛えるトレーニングをすることです。ちなみに、表情筋を鍛えると彼氏も喜ぶ表情を簡単に作ることができます!次の記事では、その参考になる表情を調べることができるので、ぜひ一読してみましょう。

関連記事

彼氏が彼女の写真を欲しがる心理10選|彼氏に喜ばれるポーズや表情は?

彼女の写真を欲しがる彼氏はどのような心理なのでしょうか。その心理を10

Small thub shutterstock 524899408

もちもち肌の作り方|体の肌がもちもちになるには?

もちもち肌の作り方①体の肌がもちもちになるには角質ケアが大切!

もちもち肌の作り方1つ目は、体の肌がもちもちになるには角質ケアが大切であるということです。体の肌はごわごわしがちです。これは皮膚が厚くなっているために起こることなんです。皮膚が厚くなっているというのは、突き詰めれば角質がうまく代謝されていないことが原因です。

角質が蓄積するのは、肌が摩擦を受けたり紫外線を受けたりするときに引きおこりやすいとされています。かかとなどの特にひどい部分は定期的なピーリング等の角質ケアはもちろんのこと、普段からしっかり紫外線対策をしておくことも大切ですね。

もちもち肌の作り方②体の肌がもちもちになるにはこまめな保湿が大切!

もちもち肌の作り方2つ目は、体の肌がもちもちになるにはこまめな保湿が大切であるということです。手や顔は保湿を心がける人は多くても、体に関してはそう保湿の重要性を考えていない人も多いものです。体が衣服に触れていると、衣服は水分を吸い取ってしまうこともあります。

そうすると、乾燥がしやすくごわごわした肌になりがちです。乾燥が気になったタイミングで保湿をしてみたり、部屋全体が乾燥していると思ったら加湿器等で空気中の湿度を上げてみましょう。ちょっとしたことでも、肌がだいぶ変化してきた!ということもあるので、毎日の積み重ねを大事にしてみましょう。

もちもちだけどすべすべつるつるになれるプチプラボディクリーム5選

すべすべつるつるになれるプチプラボディクリーム①尿素ボディクリーム

すべすべつるつるになれるプチプラボディクリーム1つ目は、尿素ボディクリームです。有効成分でもある尿素は、ざらざらの改善にも効果があると言われている成分です。角質がとくにひどいところにもおすすめなので、体全体がごわごわしているなと感じたら使ってみるといいでしょう。

とくにこちらのクリームは、尿素以外にも保湿成分であるヒアルロン酸等の成分を配合しているため、全身の保湿にも最適です。しかも、こんなに万能なのに価格もプチプラなのでたっぷり遠慮しないで使えるという点もおすすめの理由の1つです。

ちなみに、お風呂上がりにたっぷり全身に使うのもいいですし、ハンドクリームやちょっとした乾燥対策にバッグの中に入れておいてもおすすめです。スーッと伸びるミルキーなクリームですので、ハンドクリームとして使ってもべたべたしません。

すべすべつるつるになれるプチプラボディクリーム②ニベアスキンミルク

すべすべつるつるになれるプチプラボディクリーム2つ目は、ニベアスキンミルクです。冬の定番アイテムといえばニベアクリームですよね。特にこちらは、クリーム特有のべたつきを抑えたミルクタイプのボディクリームです。

塗った後もさらっとしているので、お風呂上がりはもちろんのこと、日中の乾燥が気になるタイミングにも最適です。塗りあがりがしっとりするので、水分キープもしっかりできる、冬のおすすめプチプラボディクリームの1つです。

ちなみにこちらのシリーズは、いろいろな香りを楽しめるようシリーズ展開も豊富です。毎年バージョンが少しずつパワーアップしてきているので、最新のニベアのボディークリームを毎年チェックするのも楽しそうですね。

すべすべつるつるになれるプチプラボディクリーム③エクストラケア

すべすべつるつるになれるプチプラボディクリーム3つ目は、ジョンソン&ジョンソンのエクストラケアローションです。こちらも、クリーム特有のべたつきを抑えたテクスチャの柔らかいボディクリームです。お風呂上がりもたっぷり使えるのが嬉しいプチプラアイテムの1つです。

リラックスタイムにおすすめなローズ&ジャスミンの香りが、女性らしい優雅な時間を楽しむことができます。天然保湿成分がたっぷり配合されているので、肌にも優しいといったメリットもあります。こちらはシリーズもたくさんあるので、好きな香りを探してみても楽しそうですね。

ちなみに、販売するジョンソン&ジョンソンは、ほかの商品のラインナップも豊富です。ボディクリーム以外にも、ベビーオイルや高保湿クリームなど様々な商品が数多く販売されていますので、併せて使ってみるのもいいですね。最適な組み合わせを自分なりに見つけてみましょう。

すべすべつるつるになれるプチプラボディクリーム④ボディエマルジョン

すべすべつるつるになれるプチプラボディクリーム4つ目は、ニュートロジーナのボディエマルジョンです。こちらのボディクリームは、すーっと肌にしっかり伸びるエマルジョンタイプのボディクリームです。99%純グリセリンを配合しているため、肌にも優しいうえ、空気中の水分を引き寄せるといったメリットもあります。

超がつくほどの乾燥肌の方を想定して作られているため、秋冬の乾燥シーズンではパワフルな保湿を実現してくれるという点もオススメの理由の1つです。ひじやひざなどの、とくに角質が気になる部分にもおすすめのボディクリームです。

ちなみに、ニュートロジーナもまたランナップが豊富なメーカーです。大人女子の乾燥肌に特化した処方がされているため、ラインで揃えてみると乾燥対策にばっちりですね。ボディオイルやボディバーム、ハンドクリームなど、塗る場所によって使分けてみるのがおすすめです。

すべすべつるつるになれるプチプラボディクリーム⑤ケアセラボディクリーム

すべすべつるつるになれるプチプラボディクリーム5つ目は、ロート製薬のケアセラボディクリームです。肌は、いくつもの層が重なってできている複雑なつくりです。そのため、インナーからの保湿を実現するにはこの構造をしっかり理解した処方にすることが大切です。

ケアセラボディクリームは、この皮膚の複雑な構造に着目して作られているので、しっかり奥からの保湿を実現してくれるというメリットのあるクリームです。しかも、こちらのクリームは体だけでなく顔にも使うことができるといった嬉しい面も持っています。

ちなみに、ケアセラシリーズのボディクリームははボディー乳液タイプも販売されています。テクスチャがやや柔らかく、すーっと伸びがいいので特にカサカサがひどい場所にはボディクリームを使い、乾燥予防にはボディ乳液タイプを使ってみてもいいですね。

もちもち肌になれる食べ物は?

もちもち肌になれる食べ物①肉・魚・大豆

もちもち肌になれる食べ物1つ目は、肉・魚・大豆です。もっと具体的に言うと、肉や魚、大豆に含まれるたんぱく質がもちもち肌を作るのに関係しています。たんぱく質は、筋肉を作るために必要な要素ですので、肌をふっくらさせるのに役立つ成分です。そのため、もちもち肌を作る土台を構成する要素であるともいえるのです。

もちもち肌になれる食べ物②牡蠣・レバー・卵

もちもち肌になれる食べ物2つ目は、牡蠣・レバー・卵です。牡蠣やレバー、卵に含まれている亜鉛がもちもち肌へと導くと言われています。亜鉛は一般的に、つめや髪の毛を美しく保つのによいとされている要素ですが、実は健康的な肌を作るのにも適している成分です。不足しがちな成分ですので、意識して食べてみましょう。

もちもち肌になれる食べ物③ナッツ類

もちもち肌になれる食べ物3つ目はナッツ類です。ナッツを食べるとニキビ肌になるというイメージも強いですが、優良な油は極力摂取するのがおすすめ。とくに、ナッツ類にはビタミンEという抗酸化作用を持つ要素も含有されているので、女性はおやつなどに積極的にとるべき食材でもあります。

もちもち肌で魅力的な素肌を楽しもう!

もちもち肌

冬は保湿が大切な時期です。この時期にしっかり肌に潤いを与えることで、もちもちしたすべすべつるつる肌へ近づくことができます。最近は、リーズナブルなボディクリームもたくさん販売されていますので、併せて選んでみるのもいいですね。

また、美容や健康はまず内側からとも言います。食べるものによって、その人の美容や健康も変わってきます。食べ物もこれを機に気を使ってみて、本当の美を手に入れてみましょう。そして、誰もがうらやむ魅力的なもちもち肌をぜひみなさんも作ってみてくださいね!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード

NEW

新着記事

RANKING

人気の記事

CATEGORY

カテゴリー