Icon search 36px

木製のまな板の削り直しサービスとは?

木製のまな板をプロの技で生まれ変わらせてくれるサービス

木製のまな板の削り直しサービスとは、木製のまな板を生まれ変わらせてくれるサービスです。木製のまな板というのはお手入れが難しく、気がつくと黒ずみやカビが目立ってきてしまいます。なんとか家庭でのお手入れで黒ずみやカビを落としてつかっていても、やがては家庭でのお手入れでは手に負えない状態となります。

こうなってしまうと、多くの方は木製のまな板を捨ててしまうという選択をするでしょう。しかし、木製のまな板の削り直しサービスを利用すると、家庭でのお手入れではどうしようもなくなった黒ずみやカビを落として生まれ変わらせてくれるのです。

かんななどでまな板を削り直して新品のような仕上がりへ

木製のまな板削り直しサービスでは、かんななどを使って木製のまな板の削り直しを行ってくれます。木製のまな板をかんななどで削り直しすると、まな板が薄くなって使いにくくなるのではないかを心配する方もいるのではないでしょうか。

しかし、まな板削り直しサービスは熟練した職人がかんなを使って行うため、削り直しする薄さは1mm程度です。かんなで木製のまな板の表面1mm程度を削り直しするだけですから、まな板の使い心地は変わりません。しかも、かんなでまな板の削り直しを行うと、真新しい木目が現れるため、新品のような仕上がりになります。

まな板のお手入れ方法とは?

まな板のお手入れ方法①ひのきや銀杏など木製のまな板のお手入れタイミング

はてな

まな板のお手入れ方法1つ目として、ひのきや銀杏など木製のまな板のお手入れタイミングについてご紹介します。ひのきや銀杏など木製のまな板のお手入れは、ずばり毎日きちんとお手入れをすることが大切です。「木製のまな板は毎日お手入れしなければいけないの?」と驚かれた方もいるのではないでしょうか。

しかし、もちろん木製のまな板の毎日のお手入れというのは、まな板と同じように料理に使った調理器具や食器などを洗って乾かしておくのと同じくらい簡単なお手入れです。

まな板のお手入れ方法②ひのきや銀杏など木製のまな板の毎日のお手入れ

まな板のお手入れ方法2つ目として、ひのきや銀杏などの木製のまな板の毎日のお手入れ方法をご紹介します。木製のまな板のお手入れは、まずは食器洗い用洗剤で調理器具や食器などを同じようにして洗います。

そのあと、たわしを使い木製のまな板の木目に沿って洗うようにすると、木目の隙間に入ってしまった食品のカスも取り除くことができます。たわしを使って洗った後には、熱湯をかけて消毒した後、キレイな布巾で水分を拭き取ってから、まな板たてなどに立てかける形でしっかりと乾かすと黒ずみを防げます。

まな板のお手入れ方法③ひのきや銀杏など木製のまな板の黒ずみのお手入れ

まな板のお手入れ方法3つ目として、ひのきや銀杏など木製のまな板の黒ずみのお手入れ方法をご紹介します。木製のまな板の黒ずみのお手入れ方法は、塩や重曹やクレンザーなどで擦り洗いする方法と、やすりやサンドペーパーでやすりとってしまう方法とがあります。

擦り洗いで黒ずみのお手入れをする場合には、塩や重曹やクレンザーなどをスポンジやたわしにつけて、ごしごしとまな板を擦り洗いします。その後は、キチンと水洗いをしてキレイな布巾で水分を拭き取ってから、まな板たてなどに立てかける形でしっかりと乾かしましょう。

やすりとって黒ずみのお手入れをする場合、まず100番代の粗めのサンドペーパーかそれに相当するやすりで黒ずみをやすり落とします。その後、200番代のサンドペーパーかそれに相当するやすりでまな板の表面が滑らかになるように整えましょう。それでも黒ずみが気になる場合は、削り直しサービスを利用しましましょう。

まな板のお手入れ方法④ひのきや銀杏など木製のまな板の反りのお手入れ

困る

まな板のお手入れ方法4つ目として、ひのきや銀杏など木製のまな板の反りのお手入れ方法をご紹介します。木製のまな板が反ってしまい食材を切るときに、ガタガタするというときは、水でしっかりとぬらした木製のまな板を立てかけて乾かすだけで反りが直ります。

このときに気をつけたいのが、水で濡らした木製のまな板を乾かす時に直射日光が当たらない場所に立てかけておくということです。この直射日光こそが、反りの原因となるのです。

この方法でも直らないような反りがある場合は、削り直しをすると良いでしょう、木製のまな板が反っている部分をサンドペーパーやかんななどで削り直します。このときに、かんなを使用する場合には、削り直しのし過ぎに注意して下さい。上手くいかない場合は、削りなおしサービスを活用しましょう。

まな板のお手入れ方法⑤ひのきや銀杏など木製のまな板のお手入れの注意点

注意点

まな板のお手入れ方法5つ目として、ひのきや銀杏のどの木製のまな板のお手入れをする上での注意点をいくつかご紹介します。木製のまな板のお手入れでは、漂白剤を使用したり、食洗機を使用してはいけません。

木製のまな板を漂白剤でお手入れすると、漂白剤の成分が木製のまな板にしみこみます。しみこんでしまった漂白剤の成分は、漂白後にどれだけキレイに水洗いしても。木製のまな板の中に残ります。こうなると、木製のまな板を使用するたびに漂白剤の成分が食材へと移ってしまいます。

また、木製のまな板に食洗機を使用すると、木製のまな板は長い時間水にひたさえた挙句、一気に高温で乾かされるという過酷な状況にさらされます。こうなると、天然素材で作られた木製のまな板は割れやすくなったり、反ってしまいますので、食洗機は使用しないようにしましょう。

プラスチック製のまな板のお手入れ方法は?

プラスチック製のまな板のお手入れ方法①お手入れのタイミング

考える

プラスチック製のまな板のお手入れ方法1つ目として、お手入れタイミングについてご紹介します。プラスチック製のまな板のお手入れは、ずばり毎日きちんとお手入れをすることが大切です。

毎日お手入れが必要といっても、まな板と同じように料理に使った調理器具や食器などを洗って乾かしておくのと同じくらい簡単なお手入れです。

プラスチック製のまな板のお手入れ方法②毎日のお手入れ

プラスチック製のまな板のお手入れ方法2つ目として、プラスチック製のまな板の毎日のお手入れ方法をご紹介します。プラスチック製のまな板のお手入れは、まずは食器洗い用洗剤で調理器具や食器などを同じようにして洗います。

しっかりと水洗いして食器洗いよう洗剤を取り除いた後は、キレイな布巾で水分を拭き取ります。そのあと、除菌スプレーなどで除菌を行い、まな板たてなどに立てかける形でしっかりと乾かすと黒ずみを防げます。

プラスチック製のまな板のお手入れ方法③漂白剤を使用したお手入れ

プラスチック製のまな板のお手入れ方法3つ目として、漂白剤を使用したお手入れ方法をご紹介します。プラスチックまな板を漂白剤でお手入れする方法は、主に2つの方法があります。

1つ目は、プラスチック製のまな板をつけ置き漂白する方法です。シンクや桶に水を入れ、漂白剤を表示されている濃度よりも少し薄めになるように入れ、あとはプラスチック製のまな板をつけて置くだけです。その間、まな板やシンクが使えなくなるなるため、寝る前につけ置きすることをおすすめします。

2つ目は、プラスチック製のまな板をラップパックで漂白する方法です。特に、1つ目のつけ置き漂白で、黒ずみを落とせなかった場合におすすめの方法です。黒ずみが気になる部分に漂白剤をかけ、食器洗いスポンジなどで広げます。その上に、ラップでパックし、1時間放置して漂白剤をまな板の奥まで浸透させるだけです。

プラスチック製のまな板のお手入れ方法④研磨剤を使用したお手入れ

プラスチック製のまな板のお手入れ方法4つ目として、研磨剤を使用したお手入れ方法をご紹介します。研磨剤を使ってプラスチック製のまな板をお手入れする方法は、先にご紹介した漂白剤を使用したお手入れ方法を行っても、黒ずみなどが落ちなかった場合におすすめのお手入れ方法です。

使用する研磨剤は、「まな板用の研磨剤」や「まな板削り」などとして販売されている研磨剤です。使い方は、シンクで水をかけながら行います。プラスチック製のまな板に水をかけながら、研磨剤で黒ずみが気になる部分を丁寧に擦っていきます。それだけで、黒ずみが研磨され、きれいに落ちます。

プラスチック製のまな板のお手入れ方法⑤お手入れの注意点

注意点

プラスチック製のまな板のお手入れ方法5つ目として、お手入れをする上での注意点をいくつかご紹介します。プラスチック製のまな板のお手入れでは、たわしで洗ったり、日光消毒をしてはいけません。

プラスチック製のまな板は、落ちない汚れをたわしで擦って洗うとまな板が傷付いてしまいかえって汚れがつきやすくなってしまいます。また、プラスチック製のまな板を日光消毒すると、割れてしまったり反ってしまいますので直射日光を避けて乾かしましょう。

プラスチック製のまな板というのは、最近では100均ショップでも販売されています。また、100均ショップのプラスチック製のまな板は、使いやすさやデザインに凝ったものが多いのが特徴です。気になるという方は、下記の「【100均まな板】ダイソー・セリアの18個」の記事をぜひチェックしてみて下さいね。

関連記事

【100均まな板】ダイソー・セリアの18個!カッティングボードなども

ダイソーやセリア、キャンドゥ、フレッツなど100均は、まな板もレパート

Small thumb shutterstock 556492381

木製のまな板の削り直しサービスは有効に活用しましょう!

今回は、木製のまな板の削り直しサービスやまな板のお手入れ方法などについてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。最近では、木製のまな板を使用しているという人も多いようですが、削り直しサービスを知っているという方は少なかったのではないでしょうか。

木製のまな板の削り直しサービスというのは、まさにまな板を一皮むいてくれるサービスです、削り直しサービスを受けた木製のまな板は、新品同様になって返ってきます。また、この削り直しサービスは、厚さにもよりますが4~5回受けることができます。木製のまな板をお使いの方は、ぜひ削り直しサービスを活用しましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事