Icon search 36px

ハーフ顔メイクの方法!ベースメイクのやり方やコツは?

ハーフ顔メイクの方法!ベースメイクのやり方やコツ①ナチュラルに仕上げる

ハーフ顔メイクの方法!ベースメイクのやり方やコツ1つ目は、ナチュラルに仕上げることです。ハーフ顔メイクは、彫り深くすることやしっかりしたアイメイクが重要になります。そのため肌を厚塗りしすぎてしまうと、化粧がとても濃い印象になってしまいます。ベースメイクは自然に仕上げて、バランスを取りましょう。

そのため化粧下地を満遍なく塗り、肌のトーンを統一させましょう。おすすめはリキッドファンデーションとフェイスパウダーの組み合わせです。リキッドファンデーションは肌に馴染むので、自然な感じで肌を明るく見せてくれます。その後にフェイスパウダーを叩いて、透明感を上乗せしましょう。

ハーフ顔メイクの方法!ベースメイクのやり方やコツ②目の下のクマには注意

ハーフ顔メイクの方法!ベースメイクのやり方やコツ2つ目は、目の下のクマには注意することです。目の下がくすんでいると、それだけで暗い印象になってしまいます。ハーフ顔メイクにとって、アイメイクはとても大切です。目の下にクマがあると、せっかくのアイメイクもぼんやりとくすんで見えてしまいます。

逆に目の下にハイライトがあると、レフ板効果で目が綺麗に見えるといわれています。目の下にクマやくすみがある場合は、コンシーラーなどで必ず消しましょう。そしてハイライトを軽く入れると、ナチュラルに目元が明るくなります。ベースメイクをするとき、特に目の下は気をつけてくださいね。

ハーフ顔メイクの方法!アイブロウのコツは?

ハーフ顔メイクの方法!アイブロウのコツ①目と眉毛の間を近づける

ハーフ顔メイクの方法!アイブロウのコツ1つ目は、目と眉毛の間を近づけることです。ハーフ顔といえば、日本人にはない彫りの深さですよね。より外国人に近づけるためには、目と眉毛の位置がポイントになります。アイブロウで眉毛を描く際は、目と眉毛の間を狭くさせましょう。

描き方のコツは、眉毛の下にアイブロウを入れることです。眉毛の上の方を付け足して描いてしまうと、より目と眉毛が離れてしまいます。眉毛を描いていくときは、下の部分を延長するように引いていきましょう。眉毛の下に影を付け足すように描いていくと、綺麗な眉に仕上がります。

ハーフ顔メイクの方法!アイブロウのコツ②眉毛は太め・長めに描く

ハーフ顔メイクの方法!アイブロウのコツ2つ目は、眉毛は太め・長めに描くことです。眉毛の印象を濃くすることで、より顔が外国人風に近づきます。先ほど説明したように、眉毛を太くしていくときは必ず下にラインを付け足して太くしていきましょう。目と眉の間も狭まるので、一石二鳥です!

そして眉毛は、長めに描くように心掛けてください。眉尻のラインはスッと自然に細くなるように描きましょう。眉毛を困り眉気味に描くと甘いハーフ顔に、りりしく描くと大人な女性らしいハーフ顔に仕上がります。なりたいハーフ顔のタイプによって、眉毛の形は変えてみてくださいね。

ハーフ顔メイクの方法!アイブロウのコツ③眉マスカラを使い眉毛に立体感を

ハーフ顔メイクの方法!アイブロウのコツ3つ目は、眉マスカラを使い眉毛に立体感を出すことです。彫りが深いと眉毛は出て見えますよね?実際に骨を出すことはできませんが、眉毛を逆立てることで彫りに立体感をもたらすことができます。そこで使えるのが、眉マスカラです。

眉マスカラは眉の色を染めるだけでなく、眉毛を逆立てることができます。ハーフ顔メイクなので、眉マスカラは明るめの色を選びましょう。眉マスカラを塗るときに、眉毛全体を逆立てる必要はありません。眉頭の毛を逆立てるように塗ってください。

ハーフ顔メイクの方法!アイメイクのやり方やコツは?

ハーフ顔メイクの方法!アイメイクのやり方やコツ①アイシャドウはしっかり

ハーフ顔メイクの方法!アイメイクのやり方やコツ1つ目は、アイシャドウはしっかり塗ることです。アイシャドウの色でおすすめなのは、ブラウンやゴールドです。これらの色は顔に立体感を出してくれると同時に、目元を華やかにしてくれます。まさにハーフ顔にうってつけの組み合わせです!

まずはハイライトカラーをまぶた全体にのせましょう。次にブラウンを取って、アイホールに塗ります。眉毛のギリギリまで塗ると、より彫りが深く見えるのでおすすめです。次に濃いブラウンを目尻に「く」の字の形で入れていきます。さらにアイホールのくぼみにも、強調するようにラインに沿って塗ってください。

目頭には、ゴールドをのせましょう。ゴールドが入ると目元がキラキラして綺麗に見えます。黒目の上には、ハイライトを入れて、外国人のように立体感を出してください。下まぶたにも目尻からブラウンを入れて馴染ましょう。目頭の方の下まぶたにはハイライトをのせましょう。

ハーフ顔メイクの方法!アイメイクのやり方やコツ②カラコンなしならつけま

ハーフ顔メイクの方法!アイメイクのやり方やコツ2つ目は、カラコンなしならつけまを使うことです。カラコンなしでもまつげをバサバサにすることによって、ハーフ顔に近づくことができます。まつげに長さやボリュームがあると、目元に立体感が出るからです。

目尻にかけてボリュームが上がっているつけまつげを使用しましょう。ビューラーやマスカラも使って、しっかり自まつげとつけまつげを馴染ませてくださいね。マスカラでダマができないように、コームを使って綺麗なまつげにしていきましょう。

下まつげにもしっかりマスカラを塗ってください。下まつげを塗るのは難しいので、少しずつ丁寧にやりましょう。下まつげ用マスカラは、以下の記事で紹介しています。にじむ原因や落ちない塗り方も説明していますので、マスカラを塗るときの参考にしてみてください。

関連記事

下まつげ用マスカラのおすすめ5選|にじむ原因や落ちない塗り方も

ハッキリとしたアイメイクにはマスカラは必須ですよね。しかし、下まつげの

Small thub shutterstock 555423412

ハーフ顔メイクの方法!チークのコツは?

ハーフ顔メイクの方法!外国人風チークのコツ①チークは頬骨の下に入れる

ハーフ顔メイクの方法!外国人風チークのコツ1つ目は、チークは頬骨の下に入れることです。チークの入れる場所一つで、顔の印象が変わります。外国人っぽくするためには骨格を立体的に見せる必要があるので、頬骨を強調させましょう。強調させるといっても、頬骨の上にのせてはいけません。

チークは頬骨の下に入れるようにしましょう。頬骨のラインに沿って、影になるようにチークを塗ってください。頬骨の下に入れるとシェーディング効果もあるので、顔がシュッとして見えますよ。大人っぽい顔になりながら、小顔効果も得られるのでおすすめです。

ハーフ顔メイクの方法!外国人風チークのコツ②チークはナチュラルに入れる

ハーフ顔メイクの方法!外国人風チークのコツ2つ目は、チークはナチュラルに入れることです。チークの色は肌に近いカラーを選びましょう。チークが強調されると、幼い印象になってしまいます。特にピンク系などは、濃く入れないようにしましょう。ナチュラルな血色を心掛けて、チークを塗ってください。

ベージュやブラウン系のチークもおすすめです。これらの色を使うと、綺麗系のハーフ顔に仕上がります。以下の記事でおすすめのベージュ・ブラウンチークを紹介していますので、こちらも参考にしてください。

関連記事

プチプラベージュ・ブラウンチークおすすめランキングTOP10|入れ方も

プチプラで買えるブラウンチークやベージュチークは、大人なキレイ系の雰囲

Small thub shutterstock 600689573

ハーフ顔メイクの方法!リップメイクのやり方やコツは?

ハーフ顔メイクの方法!リップメイクのやり方やコツ①オーバーに塗る

ハーフ顔メイクの方法!リップメイクのやり方やコツ1つ目は、オーバーに塗ることです。外国人は、唇が大きめの人が多いですよね。リップもオーバー気味に塗ると、よりハーフ顔に近づきます。ただしやりすぎると綺麗ではないので、あくまでナチュラルに仕上げるようにしましょう。

ハーフ顔メイクの方法!リップメイクのやり方やコツ②輪郭をぼかしすぎない

ハーフ顔メイクの方法!リップメイクのやり方やコツ2つ目は、輪郭をぼかしすぎないことです。グラデーションリップのようにぼかしすぎると、唇の印象が薄れてしまいます。外国人らしくないメリハリの欠ける顔になってしまいますので、気をつけてください。リップラインは指先でぼかす程度にしましょう。

ハーフ顔メイクの方法!化粧で彫り深く見せるやり方やコツは?

ハーフ顔メイクの方法!化粧で彫り深く見せるやり方やコツ①ハイライト

ハーフ顔メイクの方法!化粧で彫り深く見せるやり方やコツ1つ目は、ハイライトを入れることです。ハーフ顔は、メリハリが重要になります。骨格の出ている部分にハイライトを入れましょう。Tゾーンやあごの先、眉尻の下に塗ってください。目の下にもハイライトを入れると、目元が綺麗に見えるのでおすすめです。

ハイライトの入れ方など、シェーディングについては以下の記事で紹介しています。初心者の人にもおすすめのものを紹介していますので、こちらもハイライトやメイクの参考にしてみてください。

関連記事

シェーディング初心者におすすめ15選!ハイライトの入れ方・メイク方法も

丸顔や面長など気になるコンプレックスを解消してくれる「シェーディング」

Small thub shutterstock 181159241

ハーフ顔メイクの方法!化粧で彫り深く見せるやり方やコツ②シェーディング

ハーフ顔メイクの方法!化粧で彫り深く見せるやり方やコツ2つ目は、シェーディングを入れることです。先ほどハイライトの説明をしましたが、次は影を入れていきます。シェーディングをすると、ナチュラルに骨格がより美しく見えるという効果があります。

シャドウを入れる場所はおでこのラインや唇の下、頬骨の下やえらのラインです。ノーズシャドウについては、先の項目で説明します。小顔効果を期待するなら、おでこやえらのラインは外せません。頬骨の下に入れると、ハーフ顔らしさが強調されます。

そして忘れがちな唇の下ですが、ここにシャドウを入れるとあごが綺麗に出て見えます。シャドウを入れたら、しっかりスポンジなどで馴染ましょう。顔は正面からでなく、さまざまな角度で見られます。特にえらのラインのシャドウは正面からではわかりにくいので、顔を動かして確認しながらぼかしてください。

ハーフ顔メイクの方法!化粧で彫り深く見せるやり方やコツ③ノーズシャドウ

ハーフ顔メイクの方法!化粧で彫り深く見せるやり方やコツ3つ目は、ノーズシャドウをしっかり入れることです。高い鼻こそ、ハーフ顔ですよね。鼻をスッと高く見せるために、ノーズシャドウはとても大事になります。眉毛と鼻筋の間のくぼみに、シャドウをしっかり入れましょう。

ここのゾーンをしっかり入れるだけで、堀がとても深く見えますよ。鼻の先にもちょんちょんとシャドウを入れてください。鼻筋に沿って全体に入れてしまうと、わざとらしくなってしまうので気をつけましょう。くぼみに入れたシャドウや鼻先のシャドウを鼻筋に沿って馴染ませるだけで、スッと鼻が高く見えます。

ハーフ顔メイクに合うヘアカラーや髪型やアレンジは?

ハーフ顔メイクに合うヘアカラーや髪型やアレンジ①巻き髪ロング

ハーフ顔メイクに合うヘアカラーや髪型やアレンジ1つ目は、ロングの巻き髪です。特に綺麗系のハーフ顔メイクにぴったりの髪型になります。巻き髪にするだけで雰囲気も変わりますし、ロングは女性らしさもアップします。

かき上げバングにするとさらにハーフ顔が際立ちますよ。カラーはブロンドやグラデーションがおすすめです。黒髪の場合は抜け感のある黒にすると、ハーフ顔によく似合います。

ハーフ顔メイクに合うヘアカラーや髪型やアレンジ②オールバックポニー

ハーフ顔メイクに合うヘアカラーや髪型やアレンジ2つ目は、オールバックポニーです。オールバックポニーはただのポニーテールよりも、ハーフっぽく仕上がります。ポイントは高い位置で結ぶこと。軽く髪を巻いていると、さらに可愛く見えるのでおすすめです。

オールバックポニーをすると、雰囲気も明るくなります。オールバックポニーは綺麗系のハーフ顔、甘い系のハーフ顔どちらにも似合いますので、ぜひ試してみてください!

ハーフ顔メイクに合うヘアカラーや髪型やアレンジ③耳かけボブ

ハーフ顔メイクに合うヘアカラーや髪型やアレンジ3つ目は、耳かけボブです。耳かけボブは、可愛い系のハーフ顔におすすめの髪型になります。耳かけにするとさらに可愛さが際立ちますよ。パッと顔が華やかになりますし、ピアスやイヤリングを楽しむこともできます。

ハーフ顔メイクをして可愛い&綺麗を手に入れよう!

いかがでしたか?ハーフ顔メイクをすると、綺麗系・甘い系どちらの雰囲気も楽しむことができます。シェーディングやハイライトを効果的に使って、骨格を意識しながらメイクしてみてください。ポイントはハイライトとシャドウのメリハリになります。

そしてベースメイクはナチュラルに、アイメイクはしっかりすると、より外国人風に仕上がりますよ。ぜひハーフ顔メイクをして、綺麗で可愛い自分を手に入れてくださいね!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード

NEW

新着記事

RANKING

人気の記事

CATEGORY

カテゴリー