Icon search 36px

一人暮らしで食費を楽しく節約するテクニック5選

一人暮らしで食費を楽しく節約するテクニック①プチ自炊をする

サンドイッチを作る

一人暮らしで食費を楽しく節約するテクニックの1つ目は、プチ自炊をすることです。プチ自炊とは毎日絶対に自炊をすると決めず、時間がある時に自炊をしたり、おかずはスーパーでお惣菜を買うもののご飯は炊くなど、一部を自炊で賄うことです。

上手に自炊をすることで食費を大幅に節約できますが、プチ自炊から始めることで無理なく自炊を続けていくことができるのでおすすめです。

一人暮らしで食費を楽しく節約するテクニック②お弁当を作るペースを上げる

様々な料理

一人暮らしで食費を楽しく節約するテクニックの2つ目は、お弁当を作るペースを上げることです。昼食で外食をすると出費が多くなりますし、コンビニなどで済ませると栄養が偏ることも少なくありません。お弁当を作ることで経済面も栄養面も両方が解消することになります。

一人暮らしで食費を楽しく節約するテクニック③おやつを自分で作ってみる

ケーキのある風景

一人暮らしで食費を楽しく節約するテクニックの3つ目は、おやつを自分で作ってみることです。おやつは無駄使いという見方もあるのですが、自分で作ることで安上がりで節約になります。クッキーやケーキなんかは自分で焼くことで買うよりも大幅に安くなります。

一人暮らしで食費を楽しく節約するテクニック④果実酒を自分で作ってみる

お洒落な梅酒

一人暮らしで食費を楽しく節約するテクニックの4つ目は、果実酒を自分で作ってみることです。果実酒を自分で作り、水やお湯で割って飲むことで缶ビールや酎ハイを買うよりも安くなります。

おやつやお酒、あるいはタバコといった嗜好品はやめることが一番の節約になりますが、無理にやめることでそれがストレスになり、出費が増えることもあります。そのためここで紹介しているような方法で嗜好品とも上手に付き合っていくことも意識すると節約がうまくいきます。

一人暮らしで食費を楽しく節約するテクニック⑤材料をしっかり量る

スケールのある風景

一人暮らしで食費を楽しく節約するテクニックの5つ目は、料理をする時には材料をしっかり量ることです。料理に慣れている人ほど目分量で料理しがちなのですが、材料をしっかり量ることで食材の消費を抑えることができます。目分量で計ると材料は多くなる傾向が強くなるのです。

一人暮らしで生活を工夫して節約する方法5選

一人暮らしで生活を工夫して節約する方法①ペットボトルを活用する

ペットボトルが並ぶ

一人暮らしで生活を工夫して節約する方法の1つ目はペットボトルを活用することです。ペットボトルは違う飲み物を入れたり洗剤を入れたりと捨てずに様々な活用の仕方を試すことができます。有効活用することで購入する日用品の量を減らすことができます。ただし飲み物を入れる場合は常に清潔に保ち衛生面に注意しましょう。

一人暮らしで生活を工夫して節約する方法②洗剤はワンプッシュを徹底する

注意書きの写真

一人暮らしで生活を工夫して節約する方法の2つ目ですが、洗剤はワンプッシュを徹底することです。洗剤を出す時に中々出ないと泡立つまでプッシュし続ける人もいます。しかし最近の洗剤は基本的にはワンプッシュで十分に泡立ちます。

一人暮らしで生活を工夫して節約する方法③トイレやお風呂は毎日掃除をする

お風呂の風景

一人暮らしで生活を工夫して節約する方法の3つ目は、トイレやお風呂は毎日掃除をすることです。毎日掃除すると水道代や洗剤代がかかると思いがちですが、不衛生な日が続く方が後々メンテナンスや消毒が必要になるので毎日掃除をしましょう。長い目でみれば節約になりますし、綺麗な方が気持がいいものです。

一人暮らしで生活を工夫して節約する方法④シャワーで済ます

シャワー室の風景

一人暮らしで生活を工夫して節約する方法の4つ目は、シャワーで済ますことです。湯舟に浸かると水道代は確実に高くつきます。最低限身体を洗うだけのシャワーで済ませることで、水道代を大幅に節約することができます。

一人暮らしで生活を工夫して節約する方法⑤不要な個所の電球は外す

電球のある風景

一人暮らしで生活を工夫して節約する方法の5つ目は、不要な個所の電球は外すことです。家にある電球の数を減らすだけで、長い目で見れば大幅な電気代の節約に繋がります。特に玄関や洗面所に複数の電球が付いている場合は一つくらい外しても差支えないことが少なくありません。

一人暮らしで徹底的に節約して限界まで貯金するためのコツ5選

徹底的に節約して限界まで貯金するためのコツ①電気をつける時間を決める

寝室の風景

徹底的に節約して限界まで貯金するためのコツの1つ目は、電気をつける時間を決めることです。深夜まで電気をつけていることで、積り積もっていくとバカにならない出費になります。

電気をつける時間を決めておくと早く寝ることにも繋がり、節約以外のメリットも出てきます。ただし勉強など目的が明確な場合はそれに合わせた運用を心がけるようにしましょう。

徹底的に節約して限界まで貯金するためのコツ②寝ている間冷暖房を使わない

寝起きの風景

徹底的に節約して限界まで貯金するためのコツの2つ目は寝ている間冷暖房を使わないことです。寝ている間に冷暖房を付けることが癖になっている人は少なくないものです。もちろん暑すぎる日や寒すぎる日は仕方ないかもしれませんが、基本的に冷暖房が原因で眠りが浅くなることも多く、経済面以外のデメリットも多いのです。

徹底的に節約して限界まで貯金するためのコツ③早寝早起きが基本

ベッドの風景

徹底的に節約して限界まで貯金するためのコツの3つ目は、早寝早起きを基本にすることです。早寝早起きをすると生活リズムが整いやすくなりますので無駄な出費が減ってきます。体調も良くなりますし、決めたことに対して我慢も利くようになります。

徹底的に節約して限界まで貯金するためのコツ④備品はまとめて買う

リビングの風景

徹底的に節約して限界まで貯金するためのコツの4つ目ですが、備品はまとめて買うことです。必要な分だけ買う節約方法もあるのですが、備品類はまとめて買った方が値段が安くなることが多くなります。計画的に買い物をすることで生活費を大幅に節約して貯金に回すことができるようになります。

徹底的に節約して限界まで貯金するためのコツ⑤備品の補充表を作り管理する

綺麗なリビング

徹底的に節約して限界まで貯金するためのコツの5つ目は備品の補充表を作り管理することです。補充表を作ることで洗剤やトイレットペーパーといった備品がどのくらいのペースで減っているのかを見える化することができます。そうすることで意識的に減りを遅くして節約し、余った分を貯金に回すことができるようになります。

一人暮らしで節約を趣味にしてお金を貯める気持ちを高めるポイント5選

節約を趣味にしてお金を貯める気持ちを高めるポイント①家計簿をつける

貯金の風景

節約を趣味にしてお金を貯める気持ちを高めるポイントの1つ目は、家計簿をつけることです。家計簿をつけることで、自分が何に対して無駄な支出をしているのかが一目瞭然になりますし、節約がうまくいっていることも実感できてお金が貯まりやすくなります。

節約を趣味にしてお金を貯める気持ちを高めるポイント②貯金額の目標を貼る

お金の管理

節約を趣味にしてお金を貯める気持ちを高めるポイントの2つ目は、貯金額の目標を貼ることです。貯金額の目標を貼りだすことで、自分自身の節約に対する気持ちや貯金に対する気持ちを切らさずにキープすることができます。

節約を趣味にしてお金を貯める気持ちを高めるポイント③支出0を5日続ける

小銭と財布

節約を趣味にしてお金を貯める気持ちを高めるポイントの3つ目は、支出0を5日続けることです。食材や日用品はある程度買いだめをすることで、日常の支出を抑えることができます。出金交通費がかかるような場合はそういった必須の出費は除きます。支出しない日を連続させることでお金はどんどん貯まっていくものです。

節約を趣味にしてお金を貯める気持ちを高めるポイント④万札以外は貯金箱へ

小銭と貯金箱

節約を趣味にしてお金を貯める気持ちを高めるポイントの4つ目は、節約を徹底する場合は万札以外は貯金箱へ入れることです。最初は100円未満を貯金箱に入れるところから始めて、それを極めると万札以下をすべて貯金するということになります。その段階になると本当に必要なもの以外は買わなくなります。

ちなみにそんな貯金法を実践するのに役立つ情報が下記の関連記事にまとめられています。100均の貯金箱にはお札用の貯金箱もあり、貯金の参考になりますので是非こちらの記事も参考にしてみてください。

関連記事

【100均貯金箱】ダイソー・セリアの30個!おしゃれな手作りも

ダイソーやセリアをはじめとした、100均の貯金箱についてご紹介していま

Small thumb shutterstock 297282815

節約を趣味にしてお金を貯める気持ちを高めるポイント⑤わざと大金を持つ

お札とケース

節約を趣味にしてお金を貯める気持ちを高めるポイントの5つ目は、わざと大金を持つことです。ただしこの方法は財布に入れた分だけ使ってしまう人には向きません。10万円以上を常に財布の中に入れておける状況が節約生活から来ていると、常に財布の中を見ることで実感すると、節約へのモチベーションが高まります。

一人暮らしで節約を上手に続けていくためのコツ5選

一人暮らしで節約を上手に続けていくためのコツ①黙って節約をしない

貯金する風景

一人暮らしで節約を上手に続けていくためのコツの1つ目は、黙って節約をしないことです。節約をしていることを周囲にも伝え、またどこまで節約するのかをコミットすることで、自分自身を奮起させることができます。そのため、節約をする時には有言実行を心がけて周囲も巻き込みながら実践していくことが大切になります。

一人暮らしで節約を上手に続けていくためのコツ②整理整頓を心がける

掃除する女性

一人暮らしで節約を上手に続けていくためのコツの2つ目は整理整頓を心がけることです。荒んだ気持ちで節約を続けていくと、出費が抑えられても心が貧しくなっていきます。そういった状況になることを防ぐには常に整理整頓を心がけることが大切です。整理整頓を心がけるだけでも平静な心を保つことができるようになります。

一人暮らしで節約を上手に続けていくためのコツ③生活の質を落とさない

笑顔の女性

一人暮らしで節約を上手に続けていくためのコツの3つ目は、生活の質を落とさないことです。節約をして出費を抑えることで生活の質が落ちる部分もあるかもしれませんが、全面的に生活の質を落とすとストレスや反動で出費が増えてしまうケースも少なくありません。そのためまずは質を落とさずに節約する方法を考えましょう。

一人暮らしで節約を上手に続けていくためのコツ④節約の先の目標を明確化

眼鏡の女の子

一人暮らしで節約を上手に続けていくためのコツの4つ目は、節約の先の目標を明確化することです。節約が目標になってしまうと、節約へのモチベーションは継続しづらいものです。何のために節約をするのか、その目標を明確にすることで節約に対するモチベーションを高く維持することが可能です。

その目標を壁に貼り出したり、友人に話したりするのも有効です。目標を意識する時間が生活の中で増えると、節約へのモチベーションをキープしやすくなります。

一人暮らしで節約を上手に続けていくためのコツ⑤自己肯定をベースに節約

笑顔の女性

一人暮らしで節約を上手に続けていくためのコツの5つ目は、自己肯定をベースに節約することです。自分の浪費が原因で節約する、今の生活がダメだから節約をするというモチベーションも必要ですが、自己否定が続くとモチベーションは続かなくなります。そのため節約をする時には自己肯定をベースにすることが大切です。

一人暮らしで節約する意外なメリット

一人暮らしで節約する意外なメリット①健康状態が良くなる

笑顔の女性

一人暮らしで節約する意外なメリットの1つ目は、健康状態が良くなることです。一人暮らしの節約生活は出費を抑えて経済条件を改善させるだけでなく、健康状態が良くなることも少なくありません。何故なら規則正しい生活を送ることが節約に繋がることが少なくないからです。

一人暮らしで節約する意外なメリット②気持ちが豊かになる

カフェで微笑む

一人暮らしで節約する意外なメリットの2つ目は、気持ちが豊かになることです。節約をすることで気持ちに余裕が出てきて今まで楽しめなかった趣味に没頭したり、生活をより工夫して楽しもうとするポジティブな気持ちが芽生えてくることが少なくありません。節約をすることで豊な気持ちを育むこともできるのです。

一人暮らしで節約する意外なメリット③計画的になれる

考える女性

一人暮らしで節約する意外なメリットの3つ目は、計画的になれることです。節約には計画性が必要であることが少なくありません。きっちりと節約をやり遂げることで、計画性が身に付くことも珍しくないのです。節約とは経済条件を改善させるだけでなく、人間的にも大きくなれるきっかけを与えてくれるものなのです。

一人暮らしで楽しく節約して自己投資や貯金にお金を回してみよう!

一人暮らしで節約をすることで、自己投資や貯金などにお金を回して楽しく充実した生活を送ることができます。ここで紹介した節約に関する内容を節約だけでなく、人生を充実させるヒントとして役立ててもらえたらうれしいです!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事