Icon search 36px

器が小さい職場の上司の特徴は?

器が小さい職場の上司の特徴①とにかくケチで度量が狭い!でも自覚なし

お金を出したくない上司

外回りや出張などがあると、上司と一緒に行動することも多くなります。さほど高額ではないランチやコーヒー代がワリカンだと、なんてケチで器が小さいんだと思いたくなりますね。中にはそれが当然だと思っている度量の小さい上司もいて、仕事とはいえ、食事やお茶などのお付き合いをお断りしたくなくなります。

器が小さい職場の上司の特徴②部下や上司に対して意見がころころ変わる

言っていることが変わる上司

中間管理職である上司にありがちな特徴の一つが、相手によって意見をころころ変えるというものです。部下に主張していたことが自分の上司の意見と違ったら、すぐにその意見に合わせてペコペコするのです。上司には、度量が小さい人よりも度量が大きい人を求めたくなります。自分の意見はしっかり持っていてほしいですね。

器が小さい職場の上司の特徴③怒鳴る・人に当たる・イライラしている

部下に怒鳴る人

器が小さい上司だと、仕事がうまくいかないときに怒鳴ったりイライラしたりする場合があります。ひどいときには、家庭でのことなど、プライベートを引きずって部下にあたることもあります。こんな上司とは気持ちよく仕事ができませんね。いざというときに落ち着いて対処できる上司と仕事がしたいものです。

尊敬できない!器が小さい職場の先輩の例や特徴

尊敬できない!器が小さい職場の先輩の例や特徴①部下がやっても自分の手柄

手柄をほしがる人

部下の仕事の手柄を、自分がやった仕事であるかのように上に報告する先輩がいます。仕事の成果も高い評価も得ようとするなんて、先輩としても人としても、とても器が小さいですね。後輩の成長を認めて度量大きくいてくれるほうが、職場のためにも先輩自身のためにもなることに気付いてほしいものです。

尊敬できない!器が小さい職場の先輩の例や特徴②仕事のミスは部下のもの

仕事でミス

手柄を自分のものにする心が狭い先輩もいれば、仕事のミスを人のせいにする器の小さい先輩がいるというエピソードも耳にします。また、そんな先輩には自身の指示が悪かったり采配が下手だったりしても、ミスは部下のものだとする特徴もあります。「心が狭いこと」イコール「仕事ができない」と繋がっているかのようですね。

尊敬できない!器が小さい職場の先輩の例③ちょっとしたミスや噂で落ち込む

落ち込む人

器が小さいというか、気持ちが弱いというか、とても落ち込みやすい先輩もよくいます。すぐに持ち直せそうなちょっとしたミスでも落ち込み、上司からの評価の噂などでも落ち込み…。そんな暇があるなら、素早く対処して仕事で取り戻せばいいのに、と言いたくなりますね。

尊敬できない!器が小さい職場の先輩の例や特徴④人の成功や幸せが喜べない

足を投げ出してふてくされている人

器が小さいと、職場の同僚が仕事で成功しても素直に喜んであげることができません。そんな先輩を見ると、「どうして一緒に喜べないのか」と不思議になります。また、同世代の仲間や年下の後輩の結婚なども同様です。嫉妬するより一緒になって喜ぶほうが、自分自身も気持ちがいいものです。

「器が小さい人だな!」そんな職場の上司や先輩への対処法5選

器が小さい上司・先輩への対処法①仕事だと割り切ってお付き合い

仕事だから嫌いでも我慢

器が小さい上司や先輩との付き合いは、「仕事だけのもの」と割り切ってしまいましょう。仕事と離れたプライベートまで、職場の上司や先輩に影響を与えられたくはないものです。仕事が終わったら、職場の人との付き合いも一旦おしまいです。切り替えて自分の時間を楽しんでください。

器が小さい上司・先輩への対処法②ときにはご機嫌取りもアリ

ちょっと休憩

どんなに器が小さい人でも、心が狭い人でも、職場ではあくまでも上司や先輩です。反抗的に行動していては、「コイツは自分のことが嫌いだな」と自覚されてしまい、結果的に良い方向には進みません。職場での人間関係を良好に保って気持ちよく仕事するためにも、たまにはご機嫌をとったり、楽しく話したりするのも大事です。

器が小さい上司・先輩への対処法③職場のトップに相談

信頼できる上司

上司や先輩があまりにも器が小さいため、「もう我慢できない!」となったら、いっそ職場のトップに相談するのもおすすめです。探せばきっと、話の分かる上司や先輩がいるはずです。ただ、あくまでも仕事をうまく進めるための相談として話をしましょう。悪口や愚痴ばかりになってしまうと、自分自身の評価を下げかねません。

器が小さい上司・先輩への対処法④大らかな気持ちで接する

優しい気持ち

器が小さい上司や先輩の行動に、自分もイライラさせられるのは嫌なものです。それならばいっそ、大らかな気持ちになって見てみるのはどうでしょうか。「しょせん人の子」「まだこの人も成長途中だ」など、少し上から目線で考えてみるのです。そうすれば、心が狭い行動にも落ち着いて対処できるかもしれません。

器が小さい上司・先輩への対処法⑤自分から歩み寄ってみる

親しく話す人たち

器が小さい上司や先輩が何を考えているのか、あえて歩み寄って聞き出してみましょう。どうして職場の場を乱すようなことをするのか、なにが原因で度量の小さい行動をするのかが理解できるかもしれません。上司や先輩の行動の意味が少しでも分かれば職場で過ごしやすくなり、仕事もはかどりそうです。

下の関連記事は、職場にいる性格の悪い上司との使い方についての話です。少しでもストレスを減らすために、どうすればいいのか参考にしてください。

関連記事

性格の悪い苦手な上司との付き合い方のコツ10個|ストレス減らす考え方も

性格の悪い苦手な上司は、どこの会社でも社員やバイトからは嫌われてしまい

Small thumb shutterstock 739242352

器が小さい上司や先輩との出会いにも意味はある?

器が小さい上司・先輩と出会った意味①人を動かす能力を身に付ける

仲間と仕事

心が狭い上司や先輩には、空気が読めない人がいます。そんなときは、うまく立ち回るチャンスです。上司や先輩に「こうすればクライアントの期待に応えらえる」「○○さんがやれば喜んでもらえる」などと伝え、仕事がうまくいくように動いてもらうのです。人を動かす能力が身に付くと思えば、意味のある出会いだと思えます。

器が小さい上司・先輩と出会った意味②仕事で使えない悪い例とする

見習うのはどっち

器が小さい上司や先輩は、「こういう上司・先輩になってはいけない」という見本のようなものです。自分が上司や先輩の立場になったときに、心が狭い、度量が小さいなど部下には思われたくはないですよね。そんな上司や先輩には反面教師になってもらい、似た行動をとることがないようにしましょう。

器が小さい上司・先輩と出会った意味③仕事の先を読んだ対処で自己成長

テキパキと働く人

器が小さくて度量もない上司や先輩は、あまり仕事ができない可能性が大きいものです。「このままだとこの仕事は失敗しそうだ」と気づいたら、部下である自分が先を読んだ行動で失敗を防ぎましょう。自分自身の成長に繋がりますし、さらには職場での評価が上がっていきますよ。ピンチをチャンスに変える思考が大事です。

器が小さい上司・先輩と出会った意味④気持ちのコントロールを練習する

深呼吸

器が小さい上司や先輩が職場にいると、自分自身もイライラしたり仕事がはかどらなかったりするものです。そんな時は一旦深呼吸して落ち着き、冷静に上司や先輩を見てみましょう。「しょうがない人だ」くらいの気持ちになって、気持ちを引きずられないようにしていくといいですね。

器が小さい上司・先輩とうまく付き合って気持ちよい職場に

器の小さい上司や先輩への対処法はいかがでしたか?参考にしていただき、少しでも気持ちよい職場になれば嬉しいです。度量が小さい人のためにイライラして、自分自身も心が狭い人になってしまわないようにしてくださいね!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事