Icon search 36px

ジョガーパンツがダサい(ださい)と言われる理由は?

ジョガーパンツがダサい(ださい)と言われる理由①バランスが悪い

バランス

ジョガーパンツがダサい(ださい)と言われる理由の1つ目はバランスが悪いという事です。太すぎる、ピチピチすぎるなどシルエットがいまいちだと一気にダサくなってしまいます。またご自身には長い丈も、オシャレに履きこなすのは難しくなります。トップスとのバランスも全体をしっかりイメージして合わせる事が大事です。

ジョガーパンツがダサい(ださい)と言われる理由②だらしなく見える

部屋着

ジョガーパンツがダサい(ださい)と言われる理由の2つ目はだらしなく見えるという事です。ジョガーパンツは裾がリブになっているのが特徴ですが、素材によってはスウェットやジャージに見えてしまいます。これではオシャレをしているつもりでも、ちょっと近くのコンビニまで…という恰好になってしまいますね。

ジョガーパンツがダサい(ださい)と言われる理由③シルエットがレトロ

レトロ

ジョガーパンツがダサい(ださい)と言われる理由の3つ目はシルエットがレトロになってしまう事です。どことなくレトロ感が漂ってしまうのは、モンペとシルエットが一致してしまった時です。ジョガーパンツは裾に向かって細くなるデザインですが、長いものを選んでしまうと一気に古臭いシルエットになってしまいます。

ダサいと言われないジョガーパンツの選び方・履き方は?長い時の裾上げは?

ダサいと言われないジョガーパンツの選び方

ショッピング

ダサいと言われないジョガーパンツの選び方は、素材やサイズ、シルエットの3点に気を付けて選ぶことが重要です。サイズが合わないもの、丈が長いもの、シルエットが綺麗にでないものも、なんとなくダサい、という印象になってしまう為、試着をおすすめします。

ダサいと言われないジョガーパンツの履き方

ダサくない

ダサいと言われないジョガーパンツの履き方のポイントとしては、どういった印象にしたいかを意識してコーディネートする事です。もともと機能性に優れたスポーツ用品の為、スポーティーにより過ぎない様、ジャケットやシャツと合わせてこなれ感をだすのもお勧めです。

「長い」はタブー!長いときの裾上げ方法

裾上げ

長いときの裾上げ方法についてです。裾が長いとなんとなく野暮ったい印象になってしまい、裾上げをしたい場合もあります。裾上げは、専門店で可能です。しかしジョガーパンツは裾が絞られているので、料金は通常よりも割高になってしまいますのでご注意ください。

中にはご自身で裾上げをされる方もいらっしゃいます。しかしジョガーパンツは裾にデザインがある為難易度が高く、失敗してしまう事もあります。まずはノーマルな裾上げの方法についてこちらも記事で紹介されていますので参考にしてくださいね。

関連記事

自分でやるジーンズ・ジーパン・デニムの裾上げ方法!手縫いのやり方は?

ジーンズやジーパン、デニムの裾上げは販売店によっては有料な場合がありま

Small thumb shutterstock 564544348

裾上げのいらないジャストサイズを!

足首

ジョガーパンツは裾上げのいらないジャストサイズを選びましょう。上記でも触れたように、裾上げはコストパフォーマンス的にも避けたほうがベターです。ジョガーパンツは裾がリブになっている為、少し長い程度ならば裾上げはせずに自分で調整することも可能です。試着をして、長さの確認は必ず確認するようにしましょう!

メンズのジョガーパンツコーデ7選!

メンズのジョガーパンツコーデ①ジョガーパンツ×チェックシャツ

メンズのジョガーパンツコーデ1つ目は、チェックシャツと合わせたコーディネートです。細身のシルエットに黒の小物で締めることでオシャレ感がアップしています。このように腕時計やクラッチバッグとあわせ、小物で部屋着感を一掃するのもおススメです。

メンズのジョガーパンツコーデ②ジョガーパンツ×フーディートレーナー

2つ目は、カーゴパンツのようなデザインのジョガーパンツです。再度にポケットがあることと、同色のスニーカーながらも足の肌みせがあることで、モノトーンの中で抜け感が叶っています。デッキシューズはジョガーパンツとの相性が抜群です。

メンズのジョガーパンツコーデ③ジョガーパンツ×スプリングコート

メンズのジョガーパンツコーデ3つ目は、春らしいコートと合わせたジョガーパンツコーデです。丈が長めのアウターと合わせることで、スポーティーになりすぎず、大人っぽくジョガーパンツを履きこなす事が出来ます。この春ぜひ参考になさって下さい。

メンズのジョガーパンツコーデ④ジョガーパンツ×派手色スニーカー

メンズのジョガーパンツコーデ4つ目は、流行の配色スニーカーと合わせたスタイルです。裾が絞られている形なので、足元にポイントを置いたコーディネートとの相性がいいです。流行のシューズと合わせ一気におしゃれ上級者のように着こなすことができます。

メンズのジョガーパンツコーデ⑤ジョガーパンツ×ジャケット

メンズのジョガーパンツコーデ5つ目は、ダークトーンでまとめたコーデです。スウェット素材のジョガーパンツもシャツと合わせ、ダークトーンでまとめる事でスタイリッシュに決めることが出来ます。ジョガーパンツとスニーカーが抜け感を出してくれるため、カチッとしすぎないコーデがお好きの方におススメです。

メンズのジョガーパンツコーデ⑥【ユニクロ】ダッドスニーカー

メンズのジョガーパンツコーデ6つ目は人気のユニクロのジョガーパンツです。こちらも裾絞りの形を生かし大流行ダッドスニーカーと合わせたコーデです。今季ストリートスタイルに欠かせないダッドスニーカーもジョガーパンツと合わせるとスッキリとは着こなすことができるのでお勧めのスタイルです。

メンズのジョガーパンツコーデ⑦【ユニクロ】レザーアイテム

メンズのジョガーパンツコーデ7つ目はユニクロのジーンズライク素材のジョガーパンツとレザーアイテムです。レザーと組み合わせることで、すっきりと仕上げることで新鮮なスタイルが叶います。他にもユニクロのメンズジョガーパンツスタイルについて紹介している記事がありますので、こちらも参考にして下さい!

関連記事

UNIQLOジョガーパンツメンズコーデ16選!おすすめの着こなしとは?

UNIQLO(ユニクロ)のジョガーパンツは、オールシーン活躍するメンズ

Small thumb shutterstock 460938724

レディースのジョガーパンツコーデ7選!

レディースのジョガーパンツコーデ①ジョガーパンツ×フーディー

レディースのジョガーパンツコーデ1つ目はフーディーと合わせたシンプルながらもシルエットが上品に仕上がったコーデです。徐々に細くなるジョガーパンツに少しだけオーバーサイズのトップスを合わせることで着やせ効果も生みやすく、スタイルアップが叶います。

レディースのジョガーパンツコーデ②ジョガーパンツ×レディライク

レディースのジョガーパンツコーデ2つ目はレディライクなスタイルです。カーキ色のジョガーパンツは、メンズっぽくなりがちですが、ポインテッドトゥのパンプスやファー素材を生かすことで、女性らしくオシャレに着こなすことが出来ます。

レディースのジョガーパンツコーデ③ジョガーパンツ×スニーカー

レディースのジョガーパンツコーデ3つ目はブラックのジョガーパンツとスニーカーのコーデです。足長効果があり、トップスをインする事で更にスタイルアップが叶っています。スニーカーとジョガーパンツはとても相性がいいのですが、ヒールがないと不安…という方は是非ブラックをお試し下さい!

レディースのジョガーパンツコーデ④ジョガーパンツ×春色小物

レディースのジョガーパンツコーデ4つ目は春らしいくすみピンクのジョガーパンツコーデです。春色はスポーティーなジョガーパンツをとても女性らしく履くことが可能です。大胆な刺繍があるTOPSもジョガーパンツがうまく抜け感を出してくれるので、合わせやすいアイテムです。

レディースのジョガーパンツコーデ⑤ジョガーパンツ×スカーフ

レディースのジョガーパンツコーデ5つ目はスカーフを合わせたコーデです。こなれ感を出したい方におススメなのは、ピンヒールやスカーフと合わせて、ジョガーパンツ以外を思いっきりレディースライクに振ることです。色味も上品に1トーンに抑えることで洗練された女性になることが出来ます。

レディースのジョガーパンツコーデ⑥【ユニクロ】スプリングコート

レディースのジョガーパンツコーデ6つ目はユニクロのジョガーパンツを使った春らしいさわやかなコーデです。スプリングコートをさらっと羽織るだけで、抜け感のある涼しげなコーディネートが出来ます。ポイントは手首、足首など首を出す事で、女性らしい華奢な印象を作れることです。是非意識してみてください!

レディースのジョガーパンツコーデ⑦【ユニクロ】

レディースのジョガーパンツコーデ7つ目はユニクロのジョガーパンツを使ったオールホワイトのコーデです。スニーカーのみを合わせてしまうとスポーティーに寄りすぎてしまい、ださいコーディネートになってしまいますが、オールホワイトにアウターで色をプラスすることでオシャレ上級者の着こなしになりますね!

「ダサい」を卒業!お洒落にジョガーパンツを着こなそう

今回はダサいと言われないジョガーパンツについてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?機能性と履き心地、おしゃれが一気に叶うジョガーパンツ。丈に気を付けて選んで頂くと失敗がなくなります。なんとなくダサい…と言われない様、自分に合ったサイズ、形を探し、ワードローブに加えてオシャレを楽しみましょう!

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事