Icon search 36px

ダブルラインのメイクとは?

ダブルラインのメイクとは60年代のアメリカの主流メイク方法

ダブルラインのメイクとは、60年代のアメリカの主流メイク方法です。近年、日本のメイクで取り入れられるようになりました。ダブルラインのメイクのやり方は、影を付けたり、ホリを深く見せたりして目元を強調させます。そのことにより目元が大きくハッキリとします。

アイラインやアイシャドウでダブルラインを引いて二重ラインをハッキリ!

ダブルラインのメイクとは、二重ラインにアイラインやアイシャドウラインを引くことでハッキリとした目元にしてくれます。日によってや体調がすぐれない時って二重の幅が違うことがありますよね。

また、左右で二重の大きさが違う場合にもダブルラインのメイクなら目元をハッキリさせてくれるだけでなく、目一重でアイプチなどを使って二重にしている方もダブルラインのメイクをすることで、アイプチをしなくても二重のように見せることができます。奥二重の方も目尻まで二重ラインを延長すると、目元がハッキリします。

ダブルラインのメイクの書き方のポイントはぼかすこと

ダブルラインのメイクの書き方のポイントは、ラインをぼかすことです。書き方は、二重のラインをアイラインやアイシャドウで細く書いたあとに指の腹や綿棒でやさしくぼかします。この時、下の方向にぼかしてしまうと線が太くなり、逆に目が小さくなるので、横へぼかすようにしましょう。

自然な印象になるので、学校や仕事メイクにも適しています。ナチュラルメイクについて、下記の簡単可愛いナチュラルメイクのやり方・コツの記事では、もっと詳しくご紹介しています。ぜひ、こちらの記事も参考にしてみて下さい。

関連記事

簡単可愛いナチュラルメイクのやり方・コツは?おすすめメイク道具も

簡単で可愛いナチュラルメイクのやり方やコツについてまとめました。アイシ

Small thub shutterstock 248906611

ケイトのダブルラインエキスパートの特徴は?

ケイトのダブルラインエキスパートの特徴①極薄のブラウンアイライナー

ケイトのダブルラインエキスパートの特徴1つ目は、極薄のブラウンアイライナーということです。極薄がポイントで二重ラインなどに自然なちょい足しができます。肌になじみやすいブラウンは、ナチュラルメイクにもピッタリです。

またケイトのダブルラインエキスパートは、極細筆ペンになっているので細い線も描きやすいです。しっかりメイクをしたい時は、何度か重ねて塗ると発色も濃くなっていきます。ナチュラルな仕上がりなのに目元の印象がグッと違ってきます。

ケイトのダブルラインエキスパートの特徴②ちょい足しラインででか目を実現

ケイトのダブルラインエキスパートの特徴2つ目は、ちょい足しラインででか目を実現してくれることです。二重の目尻側のラインにちょい足ししたり、涙袋の下にラインを入れたり、目頭に切開ラインをプラスしたりすると目元がハッキリして、自然にでか目メイクを楽しめます。

ダブルラインエキスパートは、ダブルライン専用のものなので初心者の方でも簡単に使いこなせます。しかも、今までアイプチなどで二重を作っていた方もケイトのダブルラインエキスパートを使えば、自然に二重ラインを描けるので朝の忙しい時間のメイクも時短になります。

ケイトのダブルラインエキスパートの特徴③プチプラでコスパ最高!

ケイトのダブルラインエキスパートの特徴3つ目は、なんといってもプチプラなことです。以前発売されていたケイトのダブルラインフェイカーもプチプラででか目が作れると話題でしたが、2018年に発売されたダブルラインエキスパートは、さらに価格が安くなり、1,000円以下で購入できます。

しかも、ナチュラルメイクにしたい時は、そのまま極細筆ペンを縦に使って、しっかりメイクにしたい時は、筆ペンを横にねかせて使えば太いラインも描けます。書き方次第でどんなシーンにもピッタリで、さらにダブルライン、切開ライン、涙袋ラインにも使えて、コストパフォーマンスが高いと評判です。

ケイトのダブルラインエキスパートの特徴④ハーフ顔メイクも楽しめる

ケイトのダブルラインエキスパートの特徴4つ目は、ハーフ顔メイクも楽しめることです。ケイトは、日本人の顔に合った化粧品を展開しているので、ハーフ顔メイクも日本人でも不自然になりません。ケイトのダブルラインエキスパートで二重ラインや涙袋に影を付けられるので、立体感がでます。

またハーフ顔メイクは、目頭に「く」の字に切開ラインを描くとハッキリとしたホリ深メイクになります。ケイトのダブルラインエキスパートは、極薄ブラウンなのでハーフ顔メイクにもピッタリです。さらにつけまつげやカラコンをするのもおすすめです。

ケイトのダブルラインエキスパートの特徴⑤眉メイクにも使える

ケイトのダブルラインエキスパートの特徴5つ目は、アイメイクだけでなく、眉メイクにも使えることです。お肌にも髪のカラーにも馴染みやすいブラウンと極細筆ペンなので、1本1本書き足せます。眉毛を左右対称にさせやすいだけでなく、立体感もでます。

ケイトのダブルラインエキスパートを1本持っておくと、アイメイク、眉メイクもできるので便利です。同じものを使うので、メイクにも統一感が出てイマドキメイクになります。

ダブルラインエキスパートの使い方やメイクの手順書き方は?|二重ライン編

【二重ライン編】使い方やメイクの手順・書き方①二重のラインを決める

ダブルラインエキスパートの使い方や二重ラインメイクの手順・書き方1つ目は、二重のラインを決めることです。二重の方は、二重のラインに沿って線を描くまたは一部分のみ付け足しで描きます。一重の方は、しっかりとした書き方で二重ライン付けると不自然になるので、気を付けましょう。

一重や奥二重の方は、目のくぼみがあるところやアイプチなどで二重を作ってからラインを描くのがおすすめです。アイプチのやり方やコツなどを知りたい場合は、下記の関連記事を参考にしてみて下さい。アイプチできれいな二重を作るやり方やメイクの順番など詳しくご紹介しています。

関連記事

アイプチのやり方のコツ5選!二重がうまくできないのはメイクの順番?

アイプチがうまくできない理由は何?キレイな二重を作るにはどうしたら良い

Small thub shutterstock 551637001

【二重ライン編】使い方やメイクの手順・書き方②鏡を見ながら少しずつ描く

ダブルラインエキスパートの使い方や二重ラインメイクの手順・書き方2つ目は、鏡を見ながら少しずつラインを描いていくことです。ダブルラインエキスパートは、極薄ブラウンなので自然に仕上がりますが、失敗しないためにも細く描くことから始めましょう。

一度二重ラインを描いたら、目を開けて鏡でチェックして物足りない場所に重ねていくようにすると、よりナチュラルになります。元々二重がハッキリしている方は、目尻だけを追加したり、太くしたいところだけを描くようにしたりするのがおすすめです。

【二重ライン編】使い方やメイクの手順・書き方③アイシャドウを重ねる

ダブルラインエキスパートの使い方や二重ラインメイクの手順・書き方3つ目は、アイシャドウを重ねることです。アイシャドウをすることでダブルラインがぼけて、ナチュラルな仕上がりになります。逆にしっかりダブルラインを出したい場合は、濃いめにラインを引くのが良いでしょう。

アイシャドウは、ダブルラインより少し上のアイホールからグラデーションになるように塗っていきます。専用チップを使ったり、手の腹でなじませるようにすると上手く塗れます。下記の記事では、プチプラなクレヨンアイシャドウについてご紹介しています。ぜひ、こちらの記事も参考にしてみて下さい。

関連記事

プチプラなクレヨンアイシャドウ13選!おすすめの使い方や付け方も

クレヨンアイシャドウは、ツヤがあり、色っぽいアイメイクができます。そこ

Small thub shutterstock 287133269

【二重ライン編】使い方やメイクの手順・書き方④アイラインをしっかり

ダブルラインエキスパートの使い方や二重ラインメイクの手順・書き方4つ目は、アイラインをしっかり引くことです。アイラインを引くことでダブルラインの仕上がりもナチュラルになります。特に一重の方や奥二重の方は、太めに引くと効果的です。

アイラインは、クールに見せたい時は目尻を跳ね上げたり、キュートな印象にしたい時は、目尻を下げて引くことでタレ目になります。アイラインで印象がガラリと変わるのでその日の気分やシーンによってアイラインの引き方を変えましょう。

【二重ライン編】使い方やメイクの手順・書き方⑤マスカラでよりパッチリに

マスカラ

ダブルラインエキスパートの使い方や二重ラインメイクの手順・書き方4つ目は、マスカラでよりパッチリな目元に仕上げましょう。マスカラをしないと、せっかく二重ラインを描いて目元を強調できたのに、でか目効果が半減してしまします。下記のおすすめのマスカラの塗り方もぜひ、参考にしてみて下さい。

    おすすめのマスカラの塗り方

  1. 1ビューラーでしっかりと根元から上げる
  2. 2マスカラ下地をまつ毛の根元から真ん中あたりまで塗る
  3. 3余分なマスカラをティッシュなどで押さえる
  4. 4マスカラを根元から押し上げるように付ける
  5. 5何度かマスカラを重ねる
  6. 6マスカラが落ちてパンダ目にならないためにもトップコートを塗る

ダブルラインエキスパートの使い方やメイクの手順・やり方は?|涙袋編

【涙袋編】使い方やメイクの手順①ぷっくり涙袋のポイントは黒目の下を濃く

ダブルラインエキスパートの使い方や涙袋メイクの手順・やり方1つ目は、ぷっくり涙袋にするポイントは、黒目の下を他のところより濃くラインを引くことです。そうすることにより、目が丸く見え、愛らしい目元にしてくれます。

ただ、あまりに濃くしすぎるとクマのようになってしまうので、1回1回鏡で確認しながら引きましょう。涙袋ラインの書き方は、目頭から目尻までしっかり引くのではなく、中央部分を中心に描くのがおすすめです。また、頬骨を上げると涙袋ラインも描きやすくなります。

【涙袋編】使い方やメイクの手順・やり方②ハイライトカラーをプラス

ダブルラインエキスパートの使い方や涙袋メイクの手順・やり方2つ目は、涙袋ラインを書いて、指の腹や綿棒でやさしくぼかしたあとは、ハイライトカラーを涙袋にプラスしましょう。ラインからはみ出さないようにスッとのせていきます。

ラメの入ったものにしたり、ピンクやイエロー系にするとキュートな印象の目元になります。どんなハイライトがいいのが迷った時は、下記のハイライトおすすめ10選では、30代、40代の人気ブランドについても詳しくご紹介しています。ぜひ、参考にしてみて下さい。

関連記事

ハイライトおすすめ10選!30代40代に人気の透明感が出るブランドは?

30代や40代では何がおすすめのハイライトなのか、分からなくなってしま

Small thub shutterstock 555422986

【涙袋編】使い方やメイクの手順・やり方③フェイスパウダーで仕上げる

ダブルラインエキスパートの使い方や涙袋メイクの手順・やり方3つ目は、フェイスパウダーで仕上がることです。下まつげにマスカラを塗ると夕方にはパンダ目になってしまいがちですよね。フェイスパウダーで仕上げて、お肌をサラサラにすると、汗や水でアイメイクが滲んでメイク崩れするのを防止してくれます。

ケイトのダブルラインフェイカーとダブルラインエキスパートの違い

ダブルラインフェイカーとダブルラインエキスパートの違い①販売中かどうか

ケイトのダブルラインフェイカーとダブルラインエキスパートの違い1つ目は、現在販売しているかどうかです。ケイトのダブルラインフェイカーは2015年8月1日から発売され、ダブルラインエキスパートは2018年2月1日に発売されました。

ダブルラインエキスパートが発売されてから、ダブルラインフェイカーの販売は中止されました。なので、ダブルラインフェイカーがリニューアルしたのがダブルラインエキスパートということになります。

ダブルラインフェイカーとダブルラインエキスパートの違い②価格

価格

ケイトのダブルラインフェイカーとダブルラインエキスパートの違い2つ目は、価格です。ダブルラインフェイカーは、約1,000円なのに対して、ダブルラインエキスパートは約850円です。細さやブラウンの発色もさほどの違いはありません。

むしろ、若干ダブルラインエキスパートのブラウンの方が濃くなっています。コストパフォーマンスが高いのに価格が安くなっているのは嬉しいですね。リピーターが多いのも納得です。

ケイトのダブルラインエキスパートで印象的な目元にしよう!

ケイトのダブルラインエキスパートをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?ダブルラインエキスパートの特徴やラインの書き方など知れば知るほど、便利なアイテムだということがわかりました。1本で二重ライン、切開ライン、涙袋ラインが描けて、ナチュラルなメイクに仕上がります。

さらにアイメイクだけでなく眉メイクにも使えるので、ぜひ興味を持った方は試してみるべきです。また、価格がプチプラでお財布に優しいのもおすすめするポイントの1つです。ぜひ、今回の記事を参考にして、ケイトのダブルラインエキスパートで印象的な目元にしてみて下さいね。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード

NEW

新着記事

RANKING

人気の記事

CATEGORY

カテゴリー