Icon search 36px

爪を噛む人の心理・原因10選

大人で爪を噛む・食べる人の心理・原因①寂しい

寂しい

大人で爪を噛む・食べる人の心理・原因の1つ目は、寂しい、という心理です。人は寂しさを感じると、その寂しさを何かで解消しようとします。手近に不安を解消できるようなものがあれば良いですが、そうではない場合は、寂しさを我慢します。ですが、その寂しさが我慢の限界に達した時、爪を噛む行為をする人がいます。

これはいわゆる自傷行為です。自分の指を噛んだり、自分の腕にかみついたりしたりする人も中にはいます。これらも、自身の中にある寂しさを紛らわす為の自傷行為です。ですが、これらは痛みを伴います。寂しさは解消したいけれど、痛みを伴うのは嫌、という場合には、爪を噛むという行動を取ります。

大人で爪を噛む・食べる人の心理・原因②イライラしている

イライラしている

大人で爪を噛む・食べる人の心理・原因の2つ目は、イライラしている、という心理です。イライラしているけれど、そのイライラを周囲の人たちにぶつけるのは良くない、と感じている場合には、爪を噛むという行動を取る人がいます。それだけイライラしていて、我慢ができなくなっているのでしょう。

何かを噛む、という行動はストレス発散になります。イライラしている時に、固いおせんべいを食べる人がいますが、あれは、噛むことによってストレスを発散しているのです。爪を噛むという行為も『噛む』ことで、自分のストレスを解消しようとしています。

イライラする夢や、怒る、怒鳴る、キレる夢には意味があります。夢占いに関する関連記事がありますので、リンクいたします。ご覧ください。

関連記事

【イライラの夢占い】意味15選!怒る・怒鳴る・キレる夢の意味は?

夢の中でイライラしたことはありますか?それは誰に対してだったでしょうか

Small thumb shutterstock 472821505

大人で爪を噛む・食べる人の心理・原因③怒りを抑えている

怒りを抑えている

大人で爪を噛む・食べる人の心理・原因の3つ目は、怒りを抑えている、という心理です。怒りを感じているけれど、ここで爆発させるわけにはいかないと感じていたり、この人に怒るのは良くないと感じていると、爪を噛むという行動を取る人もいます。自分の怒りの矛先をどこへ向けたら良いのか、わからなくなっているのです。

怒りの矛先を周囲に向けることができない場合、その矛先が自分に向く人がいます。言い換えるなら、自分を傷つけるという事です。そういう意味ではこれも自傷行為になります。発散できない怒りの矛先を自分自身に向けているのです。ですが、痛い思いをするのは嫌なので、爪を噛むという行動で何とか治まっています。

大人で爪を噛む・食べる人の心理・原因④悲しみを抑えている

悲しみを抑えている

大人で爪を噛む・食べる人の心理・原因の4つ目は、悲しみを抑えている、という心理です。強い悲しみや大きな悲しみを感じると、人は泣くことができなくなる場合があります。あまりにショックが大きすぎて、涙が溢れてこないのです。自分ではそのようなつもりがなくても、悲しみが自分の中で抑えられている状態です。

本当は悲しみを感じているのに、涙を流して泣くことができないのは、心の大きなストレスになります。そのストレスを発散させる為に、爪を噛むという行動をする人がいます。泣きたくても泣けない心理状態にある人は、爪を噛むだけでは解消しきれなくなると、本当の意味での自傷行為に走る恐れがあります。

大人で爪を噛む・食べる人の心理・原因⑤不安を感じている

不安を感じている

大人で爪を噛む・食べる人の心理・原因の5つ目は、不安を感じている、という心理です。大きな不安を抱えていると、精神状態が不安定になります。人は無意識に不安定な状態を元に戻し、バランスを保とうとします。そんな時、爪を噛むという行動を取る人がいます。平静を保ち、精神のバランスを取り戻そうとしているのです。

爪を噛むことでどうして平静が保てるのかと、不思議に思う人もいるでしょう。爪を噛むという行為は、自分の内側にこもるという心の表れなのです。爪を噛むと周囲の人から変な目で見られます。それが気にならないくらい、自分の中に閉じこもり、平静を保とうとしているのです。

大人で爪を噛む・食べる人の心理・原因⑥退屈している

退屈している

大人で爪を噛む・食べる人の心理・原因の6つ目は、退屈しているという原因です。退屈すると手持ち無沙汰になる人がいます。手近にある紙を細かく破いてみたり、近くにペンと紙があるなら、そこに落書きをしてみたりする人がいます。爪を噛むという行為は、これと同じです。退屈で手持ち無沙汰なので爪を噛んでいるのです。

退屈しているけれど、それを周囲の人たちや相手に知られるのは良くない、と思っているのでしょう。自分の退屈さを何とか自分の中だけで解消したい、という思いが、爪を噛むという行動を促しています。

大人で爪を噛む・食べる人の心理・原因⑦考え事をしている

考え事をしている

大人で爪を噛む・食べる人の心理・原因の7つ目は、考え事をしている、という原因です。考え事をする時には、気持ちも意識も集中させる必要があります。それがとても重大な問題であったなら、なおさらです。そんな時、周囲の人たちや状況から自分を切り離して集中する必要があると感じると、爪を噛むという行為をします。

爪を噛むことで、自分自身の世界に閉じこもっているのでしょう。また、『噛む』という行為は脳を刺激します。刺激された脳はより集中力が高まり、良い考えが浮かびやすくなります。意識や気持ちを集中させ、更に脳を刺激して良い案が浮かぶように、自分自身を高めているのです。

大人で爪を噛む・食べる人の心理・原因⑧悩み事を抱えている

悩み事を抱えている

大人で爪を噛む・食べる人の心理・原因の8つ目は、悩み事を抱えている、という原因です。悩み事で頭が混乱していると、その混乱した状態を何とか整理された状態に戻そうとします。頭の中の混乱を整理された状態にするには、それなりの集中力が必要です。集中力を高める為に、爪を噛むという行動を取っているのでしょう。

また、爪を噛むという行為で、脳が刺激され、悩み事を解決する良い案が浮かぶかもしれない、という思いもどこかにあります。自分で抱えている悩み事を、何とか自分一人で解決しようとしているのでしょう。

大人で爪を噛む・食べる人の心理・原因⑨自信がなくなっている

自信がなくなっている

大人で爪を噛む・食べる人の心理・原因の9つ目は、自信がなくなっているという原因です。これまであった自信が突然根底から揺るがされたり、大きなショックを受けて自信がなくなってしまうと、多くの人は不安になります。「それなら今までの自分は何だったのだろう?」という思いが、心の底から湧き上がってくるでしょう。

なんとか自信を取り戻そうと自分に活を入れても、失われた自信が戻ってこなかった場合には、爪を噛むという行為をする人がいます。突然自分がどうしようもない存在に感じられるからです。心のどこかで、これまでの自分と今の自分を責めている、という事もあります。それが爪を噛むという行為に表れています。

大人で爪を噛む・食べる人の心理・原因⑩無意識

大人で爪を噛む・食べる人の心理・原因の10個目は、無意識、という原因です。幼少の頃から爪を噛む癖があった人は、大人になってもなかなか治るものではありません。『癖』というものは、そんなに簡単には治らないのです。何かの拍子に爪を噛む、という癖が顔を出しているのでしょう。本人は気づいていないかもしれません

幼少の頃には、爪を噛むという行為の原因がありました。ですが、その原因となっていたことは、年齢を重ねるごとに解消されていきました。ですが、爪を噛むという行為だけは、癖となって残ってしまっている、という事です。

爪を噛む癖のデメリットは?

爪を噛む癖のデメリット①指の怪我が多くなる

爪を噛む癖のデメリットの1つ目は、指の怪我が多くなる、というデメリットです。特に爪を噛む癖がある人は『ヒョウソ』になることが多いでしょう。これは爪の下側にばい菌が入り、化膿してしまうのです。ひどい状態になると、生爪をはがすという中世の拷問のような処置が必要になります。

爪を噛む癖のデメリット②爪の形が悪くなる

爪を噛む癖のデメリットの2つ目は、爪の形が悪くなる、というデメリットです。爪やすりなどできちんとケアされている爪と、噛んだ爪では、爪の形が一目瞭然で異なります。爪の先がガタガタになったり、指の形に沿っていなかったりするのです。誰が見ても、「この人は爪を噛む癖がある」というのが明確にわかります。

爪を噛む癖のデメリット③前歯が出てくる

爪を噛む癖のデメリットの3つ目は、前歯が出てくる、というデメリットです。これは歯医者さんに行くと、必ず言われます。爪を噛む癖がある人は、そのような癖がない人に比べて、必ず前歯が前に出ているのです。あまりひどくなると、歯医者さんで矯正してもらうことになるでしょう。

爪を噛む癖のデメリット④病気になりやすくなる

病気になりやすくなる

爪を噛む癖のデメリットの4つ目は、病気になりやすくなる、というデメリットです。爪にはたくさんのばい菌が潜んでいます。それを歯で噛み切るという事は、爪の中に入っているばい菌も口の中に入って来るという事です。口の中に入ったばい菌は更に体内へと侵入し、病気になりやすくなります。

爪を噛む癖のデメリット⑤見た目が悪い

見た目が悪い

爪を噛む癖のデメリットの5つ目は、見た目が悪い、というデメリットです。爪を噛んでいる人は、あまり見た目が良くありません。特に大人は「子供の感覚が抜けきっていない」と周囲の人たちから判断され、「子供っぽい人」というイメージを持たれます。また「不潔」という印象を与えることもあります。

爪を噛む癖を治す方法9選

爪を噛む癖を治す方法①理由を考える

理由を考える

爪を噛む癖を治す方法の1つ目は、理由を考える、という方法です。爪を噛むのは心理的に何らかの理由があるからです。その理由について考えてみましょう。場合によっては、幼少期まで戻る必要があるかもしれません。そのような場合は、両親に聞いてみたり、または心理カウンセラーを頼ることも考慮に入れましょう。

爪を噛む癖を治す方法②爪噛みしていることに気づく

爪を噛む癖を治す方法の2つ目は、爪噛みしていることに気づく、という方法です。爪を噛む癖がある人は、意外と自分がどんな時に爪噛みをしているのか気づいていない場合が多くあります。どんな時に癖が出るのか気づくことで、意識して爪を噛む癖を治すことができるようになるでしょう。

爪を噛む癖を治す方法③爪にマニュキアを塗る

爪にマニュキアを塗る

爪を噛む癖を治す方法の3つ目は、爪にマニュキアを塗る、という方法です。これは女性でも男性でも可能な方法です。女性ならカラーのマニュキアを、男性なら透明のマニュキアがありますので、それを爪に塗りましょう。最初は無意識で爪を噛んでしまうかもしれませんが、何度も繰り返している間に治っていくでしょう。

爪を噛む癖を治す方法④爪にネイルアートを施す

爪を噛む癖を治す方法の4つ目は、常にネイルアートを施す、という方法です。これは女性のみに可能な方法と言えるでしょう。ネイルアートは自分でするのではなく、プロにお金を払ってやってもらってください。高いお金を払ってネイルアートをして貰うことで、「もったいない」という思いから、爪を噛まなくなるでしょう。

爪を噛む癖を治す方法⑤周囲の人たちに注意してもらう

周囲の人たちに注意してもらう

爪を噛む癖を治す方法の5つ目は、周囲の人たちに注意してもらう、という方法です。自分でいつ爪を噛んでいるのか、どうしてもわからない、という場合には、周囲の人たちの協力を仰ぎましょう。気づいた時に注意をしてもらい、それがどんな時なのかを自分で確認していきましょう。やがて癖が治っていくでしょう。

爪を噛む癖を治す方法⑥ストレスを溜めないようにする

ストレスを溜めないようにする

爪を噛む癖を治す方法の6つ目は、ストレスを溜めないようにする、という方法です。爪を噛む癖が出るのは、精神的に何らかのストレスを感じている時に多く見られます。ストレスを普段から溜めないようにしましょう。自分なりのストレス発散方法を編み出してください。ストレスが溜まらなければ、癖も出てなくなります。

爪を噛む癖を治す方法⑦こまめに爪を切る

こまめに爪を切る

爪を噛む癖を治す方法の7つ目は、こまめに爪を切る、という方法です。爪が伸びていると、ついつい爪を噛みたいという欲求が湧いてきてしまいます。爪が伸びてきたら、こまめに切るようにしましょう。噛む爪がなくなれば、少しは爪を噛む癖も緩和されるかもしれません。

爪を噛む癖を治す方法⑧手を使う作業に没頭する

爪を噛む癖を治す方法の8つ目は、手を使う作業に没頭する、という方法です。コンピュータを使う仕事に携わっている人は、指を怪我してしまうと仕事にならなくなります。また、ビーズ手芸などの手を使う趣味に没頭すると、指を怪我すると趣味ができなくなります。このような理由から癖が治っていくでしょう。

爪を噛む癖を治す方法⑨指に絆創膏を巻く

爪を噛む癖を治す方法の9つ目は、指に絆創膏を巻く、という方法です。爪を保護する形で絆創膏を巻きましょう。最初は少し不便に感じるかもしれません。ですが、本気で爪を噛む癖を治したいなら、覚悟を決めてやりましょう。爪を保護すれば、当然噛むことはできなくなりますから、爪を噛む癖は治っていきます。

子どもの爪を噛む癖を止めさせる方法は?

子どもの爪噛みをやめさせる方法①子供とよく話をする

子供とよく話をする

子どもの爪噛みをやめさせる方法の1つ目は、子供とよく話をする、という方法です。子供が爪を噛むのは、「寂しい」というサインなのです。子供と話をする時間は一日どれくらいあるでしょうか。子供と真正面から向き合い、その日一日あった出来事を話す、という時間を作りましょう。寂しさが解消されれば、癖も治ります。

子どもの爪噛みをやめさせる方法②見かけたらすぐ注意する

見かけたらすぐ注意する

子どもの爪噛みをやめさせる方法の2つ目は、見かけたらすぐに注意する、という方法です。子供が爪を噛んでいるところを見たら、すぐに注意しましょう。最初はいつも監視していないといけない状態になるかもしれません。ですが、時間をかけて何度も注意している間に、子供の爪を噛む癖は治っていくでしょう。

子どもの爪噛みをやめさせる方法③手袋をさせる

子どもの爪噛みをやめさせる方法の3つ目は、手袋をさせる、という方法です。噛む爪がなくなれば、自然と爪を噛む癖はなくなります。手袋をすれば、爪は見えませんから、爪を噛む癖も治っていくでしょう。子供は嫌がるかもしれません。その場合は爪を噛む癖が良くないことを、子供にもわかるように説明してください。

爪を噛む代わりにストレスを発散する方法は?

ストレスを発散する方法①運動をする

運動をする

ストレスを発散する方法の1つ目は、運動をする、という方法です。身体を動かせば、ストレスは発散されていきます。少し汗をかくくらいの運動をするようにしましょう。軽く近所を走るだけでも、汗をかきますから、充分効果はあります。

ストレスを発散する方法②本を読む

本を読む

ストレスを発散する方法の2つ目は、本を読む、という方法です。活字に触れることでストレスが発散される人がいます。そのような人は本を読む時間を作ってください。携帯を触る時間を読書時間に充てれば、充分確保できるでしょう。読書に没頭して、ストレスを発散させましょう。

ストレスを発散する方法③音楽を聞く

音楽を聞く

ストレスを発散する方法の3つ目は、音楽を聞く、というストレス発散方法です。音楽は心を癒し、ストレスを解消してくれます。特にヒーリングミュージックにこだわる必要はありません。好きな音楽があるなら、それを聞いてください。また、音楽を聞くだけでなく、一緒に歌うことでもストレスは発散されます。

ストレスを発散する方法④思い切り泣く

思い切り泣く

ストレスを発散する方法の4つ目は、思い切り泣く、という方法です。涙を流すという行為は、溜まっている感情と共にストレスも解消してくれます。自分にあった割合で、涙を流す時間を作り、悲しい映画やドラマを見たり、または本を読んだり音楽を聞いたりして、思い切り涙を流しましょう。

爪を噛む癖がある人は幼少期にさかのぼる必要があるかも

幼少期にさかのぼる必要があるかも

爪を噛む癖がある人は、大人になってからこの癖がついた、という事はありません。必ず幼少期からの癖なのです。幼少期にとても寂しい思いをしたり、我慢を強いられるような環境になった場合、爪を噛む癖ができてしまいます。本気で治したいなら、幼少期まで遡って原因を追究してみましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事


RANKING

人気の記事