Icon search 36px

気温19度の服装を選ぶときの注意点は?

気温19度の服装の注意点1:1日の中で気温差が激しい

服

一般的に気温19度くらいの気候というと、春(3月〜4月)や秋(10月〜11月)のことを指します。この時季の特徴としては、1日の中の気温差が激しいということが挙げられます。朝寒かったのに日中は汗ばむくらい暑かったり、朝昼は暖かかったのに夕方から冷え込んでくるなど、気温の変化が大きいのです。

気温19度の服装の注意点2:風・紫外線の情報も要チェック!

情報

気温19度くらいの春や秋といえば、風や紫外線といった季節情報も気になるところです。実は3月は1年の中でも強風の日が多く、実際の気温より寒く感じることがあります。紫外線も夏の時期の次に多いのが春や秋です。これらの情報を加味しながら服装を考えられれば、その日に適した服装で過ごすことができます。

気温19度の服装の注意点3:色や素材にもこだわって!

服

同じ気温19度の気候でも季節によって服装選びも変わります。春はパステルなどの明るめのカラーもので、素材はコットンやリネンなど軽いものがおすすめです。秋は、ブラウンやボルドーなど深めのカラーに、素材はベロアやファーをあしらったものを選ぶと季節感がでます。この時期なら春らしいアイテムを選びたいですね。

気温19度の服装【晴れの日】

気温19度の服装:晴れ日の注意点は羽織物をうまく使うこと

晴れの日

晴れた日の気温19度の気候は、太陽の日差しがたっぷりの暖かい日。日中の服装は長袖Tシャツ一枚でも過ごせる陽気です。しかし、朝晩の冷え込みや日中の紫外線、風の強さを考えると、1枚上に羽織るものがある方が安心です。

気温19度の服装:晴れ日の重要アイテムは薄手のカーディガン

少し肌寒さを感じる気温19度。朝晩の寒い時にさっと羽織れて、日中の暖かい時はバッグにしまっておける薄手のカーディガンは、服装を考える上でマストアイテム。紫外線が気になる方は日中羽織っていても快適に過ごせます。急に風が出て寒くなってきた時にも対応できるのでおすすめです!

21.気温19度の服装:赤カーデ×紺ワイドパンツの春コーデ

チロリアン柄の入った特徴ある赤カーディガンに、濃紺のワイドデニムを合わせたコーディネイト。カーディガンの柄もパンツのフリンジもディティールにこだわった可愛らしいアイテムです。赤×紺の組み合わせが鮮やかで春らしく、気温19度の服装にぴったりです。

20.気温19度の服装:腰巻きカーディガンの初夏コーデ

爽やかなマリンテイストを思わせる、カーディガンの腰巻きテクニックが光るコーディネイト。ボーダーTシャツに腰に巻いた赤のカーディガンが上手くアクセントになっています。一緒に合わせたカゴバッグも初夏の装いを感じさせます。日中の陽気にも映えるおすすめファッションです。

19.気温19度の服装:ドットワンピ×カーディガンの春のデートコーデ

たっぷりとした袖が特徴のカーディガンは人気のアイテム。春らしいドットワンピと合わせれば、デートにぴったりのガーリースタイルに。グレーのスニーカーもコーディネイトの程よいはずしになっています。気温19度は肌寒さを感じることもあるので、カーディガンでしっかりとデート中の寒さ対策をしたいですね。

18.気温19度の服装:イエローカーデ×紺スカートのきれいめコーデ

春らしいイエローのカーディガンと紺のレースタイトスカートが華やかなコーディネイト。イエローはこの春トレンドのカラーにもなっています。派手なイメージのイエローも、紺のスカートや落ち着いた色味の小物と合わせているので落ち着いた雰囲気があります。大人女子らしい上品な色使いはぜひ真似したいテクニックです。

17.気温19度の服装:ラベンダーカーデ×デニムミニの原宿系女子コーデ

鮮やかなラベンダーカーディガンが目を引くコーディネイト。デニムミニスカートで可愛らしさ満点です。チェーンバッグやプラットフォームサンダル×ソックスの組み合わせが、より個性的な雰囲気を出しています。トレンドカラーのラベンダーを取り入れつつも、個性的なアイテムで一線を画したスタイルになっています。

16.気温19度の服装:ボーダーカーデで重すぎない春のブラックコーデ

春のブラックコーディネイトはボーダーカーディガンを合わせれば、重すぎず旬な着こなしになります。ボーダーに視線が集まるので爽やかな印象です。19度では少し寒そうに思える黒のトップスも、ボーダーカーディガンがあれば快適に過ごせます。カーディガンを着ない時は肩に巻くとこなれ感がでますね。

15.気温19度の服装:オフィスにも映えるグリーンカーデの爽やかコーデ

フレッシュなグリーンのカーディガンは春にぴったりの爽やかな雰囲気が漂います。チノのワイドパンツにインをしてベルトをすれば、きちんと感が出て、オフィスファッションとしてもしっかり成り立ちます。気温19度頃だと新生活も始まるシーズン。トレンドと清潔感を押さえたコーデで良いスタートを切りたいですね!

14.気温19度の服装:黒カーデ×チェックで旬な大人女子コーデ

この春、大人女子にも人気のギンガムチェックのスカートを使ったコーディネイト。黒のきれいめなカーディガンと合わせれば、幼くなりすぎず、レディな印象に仕上がります。モノトーンの中にカラーパンプスを合わせるのも春らしさを取り入れるポイント。誰もが1枚は持っている黒カーディガンなら真似もしやすいですね。

13.気温19度の服装:春にしたい白カーデ×白スカートのオシャレコーデ

白のカーディガンと白のロングスカートを合わせた清潔感のあるセットアップ風コーディネイト。ワッフルっぽい生地が春はもちろん、夏まで快適に着られそうです。スニーカーやトートバッグでカジュアル感もあるので、気温19度の日のワンマイルウェアとしてもぴったりです。

気温19度の服装【くもりの日】

気温19度の服装:くもりの日の注意点は少し厚めの生地で肌寒さに対応

冷え

くもりの日の気温19度の気候は、日差しがない分、少し肌寒さを感じることも。少し生地の厚い長袖の服で冷え対策をしましょう。風などもあまり通さないものの方が快適に過ごせるでしょう。

気温19度の服装:くもりの日の重要アイテムはスウェットトップス

気温19度のくもりの日は肌寒さを計算したアイテム選びがポイント。春夏用のスウェットは秋冬物より生地が薄めに作ってあるものが多く、1日着ても快適に過ごすことができます。トレーナーやパーカーといったお馴染みアイテムならすぐにワードローブにも取り入れられます。ジップパーカーは脱ぎ着もできておすすめ。

12.気温19度の服装:ロゴスウェットで春爛漫古着系コーデ

ヴィンテージ風のインパクトのあるロゴトレーナーとプリーツスカートを合わせたコーディネイト。大きめサイズのスウェットトレーナーもスカートインすることでガーリーな印象に。流行りのサコッシュバッグでトレンドも押さえています。少し肌寒いくもりの19度の日は、トレーナー1枚で動き回れるコーデが間違い無しです。

11.気温19度の服装:スウェット×ブラウスで旬のレイヤードコーデ

昨年から重ね着をするレイヤードファッションの人気が高まっています。スウェットにブラウスという合わないように感じる組み合わせも、実は相性抜群。首元や袖から見えるレースが春らしさを感じさせてくれます。トレンド感もありつつ、暖かさも兼ね備えたくもりの気温19度の日にぴったりのコーディネイトです。

10.気温19度の服装:パーカー×花柄ワンピで大人カジュアルコーデ

くもりの気温19度では一枚で着られないワンピースもパーカーを羽織れば解決です。パーカーは丈が短めなので野暮ったい感じもありません。中花柄のワンピースはこの春注目のアイテム。お馴染みのパーカーを組み合わせていても、旬とトレンドを意識したコーディネイトとなっています。

9.気温19度の服装:スウェットワンピで春の楽チンコーデ

一枚で出かけられるスウェットワンピースは、楽チンコーディネイトにうってつけです。キャップやスニーカーでスポーツテイストにしながらも、バッグや時計が落ち着いた女性らしいデザインなので、カジュアル過ぎないのもポイント。気温19度のくもりの日でも、お出かけしたくなるコーディネイトです。

気温19度の服装【雨の日】

気温19度の服装:雨の日の注意点は寒さ対策だけでなく素材にも注意!

雨

気温19度の雨の日の気候はとても肌寒いです。身体が雨に濡れてしまうと寒さが倍増してしまうことも。薄手の素材は避けて、しっかりと防寒できる服装がおすすめです。また、雨水に弱い素材のアイテムや、雨で濡れてしまうボトムスの丈のものは避けた方が無難です。

気温19度の服装:雨の日の重要アイテムはマウンテンパーカー

ナイロン素材のものが多く雨や風を遮断してくれるマウンテンパーカーは、気温19度の雨の日のアウターにうってつけです。軽くてとても着やすいので、持っていると便利なアイテムです。マウンテンパーカーは年々人気が高まっており、色々な着こなしも楽しめると注目を浴びています。

8.気温19度の服装:マウンテンパーカー×レインブーツのおでかけコーデ

気温19度の雨の日のお出かけでも一安心なコーディネイト。寒さや風の対策にもなるマウンテンパーカーなら気兼ねなく外出できます。春らしいトリコロールカラーのボーダートップスや、ベージュのレインブーツはおしゃれ感もあります。このコーディネイトなら、雨の日でも気分が明るくなりますね。

7.気温19度の服装:白のマウンテンパーカーで晴れやかコーデ

白のマウンテンパーカーは雨の日にも映えるアイテム。また、白色はカジュアルな印象のマウンテンパーカーに上品さもプラスしてくれます。カーキのボトムスやギンガムチェックのパンプスが春らしさを演出してくれます。気温19度の雨の日でも気分が晴れやかになるコーディネイトです。

6.気温19度の服装:マウンテンパーカー×チュールで春の華やかコーデ

マウンテンパーカーとチュールスカートを合わせた大人カジュアルなコーディネイト。シフォンのチュールスカートが春らしいです。ネックレスや小さめのバッグは、より大人な雰囲気を引き出してくれます。トレンチコートのようなカラーのマウンテンパーカーなら、雨の日のお出かけファッションでも上品さがプラスされます。

5.気温19度の服装:マウンテンパーカーで作る大人きれいめコーデ

ブラウスやクラッチバッグ、ヒールといったきれいめアイテムと、マウンテンパーカーがマッチして大人の品が溢れるコーディネイトになっています。気温19度で雨が降ってしまっても、大人きれいめコーディネイトがマウンテンパーカーで叶えられます。雨の日も妥協せず、おしゃれと雨の日対策をしていきたいですね。

最高気温19度の服装

最高気温19度の服装の注意点:暖かいけど上着は忘れずに!

暖かい

最高気温が19度の場合、日中は暖かくて過ごしやすいのですが、それでも肌寒さを感じることがあります。春や秋用の上着を羽織って調節できるようにしておくといいでしょう。上着の下は薄手の長袖がおすすめです。朝や夕方の寒さ対策にもなります。

4.最高気温19度の服装:春に着たくなるデニムジャケットコーデ

この時季定番のデニムジャケットは、少しオーバーサイズのものを着崩すのが今年流。デニム×黒の組み合わせに、クリアバッグが抜け感を出してくれています。最高気温19度になる日中は、脱いだデニムジャケットを腰巻きしてもいいですね。

3.最高気温19度の服装:ジャケットで春の大人カジュアルコーデ

かっちりとした印象のジャケットを上手くカジュアルダウンさせたコーディネイト。ジャケットは大きめのサイズでラフな雰囲気に。流行のグレンチェックも軽めのカラーなので春らしさがあります。最高気温19度の日にぴったりの落ち着いた大人カジュアルな装いです。

最低気温19度の服装

最低気温19度の服装の注意点:インナー選びがポイントに!

最低気温

最低気温19度の場合、朝晩は少し肌寒く感じても、日中は暑くなることが多いです。日中に服装を調整できるように、インナーはTシャツなどがおすすめ。上着は薄めのものを選んで、日中はコンパクトにしまえるものがベスト!汗をかくこともあるので、インナーはコットン素材のものだと安心です。

2.最低気温19度の服装:Tシャツ×レースガウンで初夏先取りコーデ

Tシャツとデニムというオーソドックスな組み合わせもレースガウンを羽織るだけで、コーデにエレガントさが加わります。夏のアイテムのTシャツも、レースガウンがあれば早めの時期から活躍してくれます。レースガウンなら日中でも紫外線対策として活躍もしてくれます。

1.最低気温19度の服装:Tシャツ×リネンで初夏のリラックスコーデ

春から夏に人気のリネンシャツとTシャツを合わせたコーディネイト。ワイドパンツでリラックス感がありつつも、ウエストマークしているのできちっと感もあります。トレンドのネットバッグもカジュアルな印象をプラスしています。最低気温19度でも、リネン素材で快適に過ごすことができそうですね。

気温19度の「服装指数」は?

「服装指数」はどんな服装が適しているかを示す指数

服装指数

「服装指数」とは今日の気候に適した服装を数値で表したものです。日本気象協会が毎日発表をしており、地域ごとに見ることができます。毎日の服選びはもちろん、旅行などで他の地域の気候がイメージしにくくても、服装指数をチェックすれば服選びに悩まずに済みます。

気温19度は服装指数だと約40〜50に該当する

数値

服装指数は、数値が大きくなるほど薄着になっていきます。気温19度の服装指数は約40〜50、上着や薄手のカーディガンが必要ということになります。気温の寒暖差や、日中の肌寒さの対策のためにも、この時季の服装指数は特にチェックしておきたいですね。

気温19度の服装選びもこれでバッチリ!

まとめ

いかがでしたか?気温が変わりやすいこの時季の服装選びも、これなら失敗なしです!過ごしやすい時季でもあるので、服装に悩まずたくさんお出かけしたいですよね!気温に合わせた服装選びで、ぜひコーディネイトを楽しんでみませんか?

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード

CATEGORY

カテゴリー