Icon search 36px

インナードライ肌とは?

①肌の内側が乾燥している状態

乾燥

インナードライとは、肌の内部が乾燥している状態のことを指します。乾燥しているのは内側のみで、肌表面は皮脂でベタついているのが特徴的です。乾燥肌と脂性肌のどちらの性質も持つので、乾燥性脂性肌とも呼ばれます。

肌がテカっているのに肌のつっぱりを感じるという方は、インナードライの可能性が高いと言えるでしょう。インナードライ肌には他にも、肌のごわつきや化粧崩れなどの肌悩みがあります。

②脂性肌と勘違いされやすい

困り顔

インナードライ肌の表面はテカリやベタつきが目立つため、脂性肌と勘違いがされやすいです。肌は乾燥しているのに、脂性肌だと思って保湿効果の低いスキンケアをしてしまうと、肌の状態は改善されません。特に、脂性肌には感じられない肌のカサつきやごわつきの対策ができず、悪化してしまう可能性もあります。

パーツごとに乾燥とベタつきが変わる混合肌とも混同されがちですが、インナードライはパーツごとではなく、肌内部と肌表面で違いがあります。肌質に合った対策をしないと、最悪の場合は皮むけを引き起こしてしまう場合もあるので、他の肌質との違いを把握することが大切です。

インナードライ肌になる原因

①皮脂の洗い流しすぎ

お風呂

洗浄力の強い洗顔料やクレンジングを使用して、皮脂を洗い流しすぎてしまうと、肌が乾燥してインナードライ肌の原因となります。皮脂は肌の水分の蒸発を防ぐ役割があります。皮脂を洗い流しすぎることで、肌内部の水分量が低下してインナードライを引き起こすのです。

肌のテカリやベタつきを改善しようと念入りにしていた洗顔が、実はインナードライを悪化させていたということもあります。洗顔後の肌につっぱりを感じる方は、皮脂を余分に洗い流してしまっている場合が多いです。

②冷房による乾燥

風

冷房による空気中の乾燥が、インナードライ肌の原因となっていることがあります。冷房している部屋は、実は真冬と同じくらい乾燥していることがあるのです。夏だからと言って保湿ケアを怠ってしまうと、肌内部まで乾燥してしまいます。風にさらされる扇風機も乾燥の原因となりますので注意しましょう。

③間違ったスキンケア方法

スキンケア

自分の肌環境に合わせられた化粧水や化粧品を使ってスキンケアをしていないと、インナードライ肌の原因を作ってしまいます。肌の内部が乾燥しているのに保湿力の低いさっぱり系の化粧水を使ったり、過剰な皮脂対策をしたりするのは肌に良くありません。

肌の油水分環境を壊してインナードライ肌の原因である肌の水分不足を引き起こしてしまいます。肌表面がベタつくからと言って、間違ったスキンケアを続けていくと、ますますインナードライは悪化しますよ。

【洗顔】インナードライ肌におすすめのスキンケア方法

①低刺激の物で優しくクレンジングをする

クリーム

クレンジングは、肌への負担が少なく、皮脂を洗い流しすぎないクリームタイプやミルクタイプがおすすめです。オイルタイプは洗浄力が強く、メイク汚れが綺麗に落ちますが、同時に皮脂や潤い成分も流れ出てしまうので要注意です。実際にクレンジングをする時には、なるべくこすらないクレンジング方法が理想的です。

ゴシゴシと手のひらで洗顔をすると、肌に刺激を与えてしまいます。なるべく優しく、指で撫でるようにクレンジング剤をメイクになじませていくと、肌への負担が少ないクレンジング方法となります。

こちらの記事では、メイクをしっかりと落としながらも肌に優しいクレンジングをご紹介しています。タイプ別に豊富な種類のクレンジングが紹介されているので、とても参考になりますよ。是非併せてお読みください。

関連記事

乾燥肌さん向け♡よく落ちるのに肌に優しいクレンジングランキングTOP15!

乾燥肌の方に向いているクレンジングには、どういった商品があるのでしょう

Small thumb shutterstock 227683843

②保湿力のある洗顔料を選ぶ

保湿

洗顔料は、低刺激でセラミドやヒアルロン酸などの保湿剤が配合されているものを選ぶと良いでしょう。皮脂を落としすぎて乾燥を引き起こしたり、洗顔後のつっぱりを気にしたりする心配もありませんよ。

③なるべく刺激を与えない

洗面所

クレンジングと同様に、洗顔はなるべく刺激を与えないのがポイントです。洗顔料を手に取って、そのまま肌に付けようとすると、摩擦が刺激となってしまいます。洗顔料はたっぷりの泡を作ってから肌に乗せましょう。

泡立てネットなどを使用し、キメの細かい泡を作り出す方法もおすすめですよ。泡を手で転がすように汚れとなじませましょう。テカリや毛穴汚れが気になる部分のみ、念入りに洗浄すると良いですよ。

【保湿】インナードライ肌におすすめのスキンケア方法

①化粧水で潤いを補給

化粧水

インナードライで乾燥した肌は、化粧水でしっかりと潤しましょう。化粧水を手のひらに出し、顔を包み込むように肌に付けてください。肌への浸透を促すように、軽く押さえながらなじませるのがコツです。化粧水を付ける際も、肌をこすって刺激を与えないように注意しましょう。

特に乾燥が気になる目周りや頬は、重ね付けをすると良いですよ。肌の保水力を高めるセラミドや、保湿力の高いヒアルロン酸やコラーゲンが配合されている化粧水がおすすめです。刺激に敏感なインナードライ肌には、刺激となる添加物が含まれていないものを選ぶと良いでしょう。

こちらの記事では、化粧水を使った効果的なスキンケア方法を解説しています。朝と夜の化粧水の役割や乳液の効果も併せて知ることができますよ。上手な化粧水の使い方をすれば、インナードライ肌も改善しやすいので、こちらの記事も是非お読みください。

関連記事

化粧水の上手な使い方は?毎日たっぷり使う美肌効果や手を使う理由も

毎日使用する化粧水はどのように浸透させていますか?毎日のスキンケアには

Small thumb shutterstock 436775623

②乳液やクリームで蓋をする

フェイスクリーム

化粧水で肌の内部に水分を補給したら、乳液やクリームの油分で蓋をしましょう。肌のベタつきが気になるからと言って、化粧水単体でスキンケアを終わらせるのはNGです。しっかりと油分で蓋をしないと水分が蒸発し、インナードライが悪化する原因となります。

こちらの記事では、敏感肌や乾燥肌に最適な化粧水や乳液を多数ご紹介しています。インナードライにも効果的な化粧水が紹介されていますよ。正しい使い方やスキンケア方法も解説されています。是非参考にしてください。

関連記事

敏感肌対策のスキンケア方法5選!乾燥肌に最適な化粧水・乳液の使い方も

敏感肌の方のスキンケアはどのようにしたらい良いのでしょうか。敏感肌の方

Small thumb shutterstock 436775623

③美容液で栄養補給

美容液

特に乾燥やくすみが気になる時は、乳液の前に美容液で栄養補給をすると良いでしょう。保湿効果の高い美容液を選んだり、化粧水や乳液には入っていない栄養素を補える美容液を選んだりすることで、より健やかな肌へ導けますよ。保湿力の高い美容液は、1日の肌の疲れを労わる夜に使うのがおすすめです。

肌内部が乾燥しているインナードライ肌には、導入美容液の使用も効果的です。スキンケアの最初に取り入れることで、化粧水の浸透がしやすくなりますよ。メイク前のスキンケアとしても使いやすいので、是非試してみてください。いつもの化粧水でも、より高い保湿力を実感することができます。

【メイク前】インナードライ肌におすすめのスキンケア方法

①保湿はしっかりと

ドレッサー

メイク前でも夜と同様に、洗顔から化粧水、乳液やクリームでのスキンケアが必要です。インナードライ肌がメイク崩れを引き起こしやすい原因は、乾燥による皮脂の過剰分泌です。メイク前もしっかりとスキンケアをすれば、日中も乾燥せずに余計な皮脂分泌を防ぐことができるので、メイク崩れの対策ができます。

②乳液やクリームは薄めに塗る

メイク

乳液やクリームなどの油分が多いアイテムは、なるべく薄めに塗るのがメイク崩れを防ぐポイントです。メイク前も夜と同じような乳液やクリームの量を使用すると、油分が多すぎてメイクが崩れやすくなります。メイク前は、夜のスキンケアよりも少なめの量で充分ですよ。

スキンケアをしてからすぐにメイクを始めるのではなく、化粧水や乳液が肌に馴染んでから化粧下地を付けると良いでしょう。化粧水や乳液は、肌に浸透するまでに少し時間がかかるので、時間を空けてくださいね。

③紫外線対策をする

日焼け止め

メイク前のスキンケアの仕上げには、日焼け止めを塗って紫外線対策をしましょう。紫外線は肌表面の水分を奪い、インナードライを促進させます。保湿効果のある日焼け止めを使用すると、より効果的ですよ。紫外線を多く受けた日の夜は、いつもより念入りにスキンケアをすることも重要です。

インナードライ肌を改善するスキンケア以外の方法

①食生活の改善

野菜

バランスの整った食事を心がけることで、インナードライ肌の対策をすることができます。脂質の多い食べ物を摂取しすぎると、皮脂の過剰分泌の原因となりますよ。また、ダイエットのために食事量を極端に減らすと栄養不足となり、乾燥や肌荒れを引き起こします。

朝・昼・夜のバランスの整った食事が大切です。タンパク質やビタミンなど、健やかな肌を維持するために必要な栄養をしっかりと摂れるように、食生活を見直してみてください。

②睡眠をしっかりとる

睡眠

睡眠をしっかりととることで、肌の健康状態が改善されます。睡眠中には、肌の栄養補給や肌のターンオーバーを促進する成長ホルモンが分泌されます。睡眠不足になると成長ホルモンが分泌されないので、肌が乾燥したり、皮脂が過剰に分泌されたりするので要注意です。

睡眠不足は美容の大敵と言われるほど、睡眠は美には欠かせないものです。インナードライ肌を徹底的に改善したい場合は、夜にしっかりとした睡眠時間と質の良い睡眠をとることが大切ですよ。

③ストレスの軽減

笑顔

日頃のストレスを軽減することで、インナードライ肌が改善される場合があります。過度なストレスは血行を悪くし、乾燥や皮脂の過剰分泌を引き起こします。日頃のストレスをゼロにするというのはなかなか難しいですが、好きなことでストレスを発散して対策をとることが大切ですよ。

スキンケアや生活改善でインナードライ肌を克服

普段の洗顔や保湿のスキンケアを変えることで、インナードライ肌を改善することが可能です。インナードライ肌は肌の内部の水分量が少ないことで、過剰な皮脂分泌を起こしている状態です。化粧水でしっかりと水分を補給し、乳液やクリームで保湿をしましょう。

インナードライ肌は夜だけでなく、メイク前のスキンケアも重要となってきます。メイク前もスキンケアで肌を潤わせることで、日中の乾燥による皮脂分泌を防ぎ、メイク崩れがしにくくなりますよ。

インナードライ肌は、食事や睡眠などを改善するだけでも対策ができます。スキンケア方法や生活を変えて、インナードライ肌を克服しましょう。

商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

KEYWORD

関連のキーワード


NEW

新着記事


RANKING

人気の記事